山川穂高の年俸推移や成績まとめ。ホームランポーズどすこいの由来は?

今回紹介するのは山川穂高選手(埼玉西武ライオンズ)の年俸推移や成績まとめです。

ホームランを打った時のホームランポーズ「どすこい」の由来は?

気になりますよね。

この記事は、

・山川穂高の年俸推移が気になる方

・山川穂高のこれまでの通算成績が気になる方

・山川穂高のホームランポーズの意味は何なのか気になる方

・三度の飯より山川穂高選手が!埼玉西武ライオンズが好きな方

向けに書いています。

山川穂高の年俸推移は?

引用)https://www.nikkansports.com/baseball/news/201904240000818.html

山川穂高選手の年俸推移を紹介します。

年俸(推定) チーム 背番号
2020年 2億1000万円 埼玉西武ライオンズ 3
2019年 1億1000万円 埼玉西武ライオンズ 33
2018年 3240万円 埼玉西武ライオンズ 33
2017年 1600万円 埼玉西武ライオンズ 33
2016年 1000万円 埼玉西武ライオンズ 33
2015年 1200万円 埼玉西武ライオンズ 33
2014年 1200万円 埼玉西武ライオンズ 33

山川穂高選手は2013年オフのドラフト2位で埼玉西武ライオンズに入団します。契約金7,000万円、年俸1,200万円でした。

その後2軍では持ち前の長打力を示し結果を残しますが、1軍では伸び悩みます。

開花したのは、2017年!!

78試合の出場にとどまりましたが、打率.298、ホームラン20本以上記録し、年俸を3240万円まで伸ばします。

2018年、2019年と公式戦全試合に出場、ホームランを40本以上放ち、2年連続ホームラン王に輝きます。

そうすることで、年俸を1億1000万円!更には2億1000万円!と伸ばしていき、億プレイヤーの仲間入りを果たしました。

山川穂高選手の年俸は高いほう?

ここで2020年度の埼玉西武ライオンズ選手年俸ランキングTOP10を発表します。

※左から選手名、年齢、年俸(単位:万円)です。

1位)中村剛也 36 35000 
2位)山川穂高 28 21000 
3位)森友哉 24 20000 
4位)増田達至 31 19000 
5位)栗山巧 36 15000 
6位)外崎修汰 26 14000 
7位)源田壮亮 26 14000 
8位)金子侑司 29 12000 
9位)平井克典 27 10000 
10位)メヒア 34 10000 

トップはおかわり君こと中村剛也内野手で3億5000万円!

2位が山川穂高内野手の2億1000万円です!

なんと、チーム2位の高年俸です!!

2017年頃までは、中村剛也選手が4番を打っていましたが、その後は若い山川穂高選手が4番に座るようになりましたからね!!

中村剛也選手の凄いところは、飛ばないボールの採用になりほとんどの選手がホームラン数激減した中で、中村選手はホームランを46本放ち、ダントツでホームラン王を獲得したことですね!

記憶に新しいです。ちなみにホームラン王を過去6回受賞しています。

その中村剛也選手を追い抜いた山川穂高選手ですから、相当期待大です!!

その影響もあり若い選手がどんどん出てくる埼玉西武ライオンズは毎年強いです!

遠くから見ていると体格が似ているし(笑)バッティングスタイルも似ているので、どっちがどっちかわかりずらかったのですが、山川穂高選手は4番らしい活躍をしました!

埼玉西武ライオンズでは2位の高年俸ですが、セパ12球団でみると山川穂高選手は26位なんですよね!

プロ野球・年俸ランキング2020【TOP50】

1位 65000万円 菅野智之(巨人/投手)
2位 57000万円 柳田悠岐(ソフトバンク/外野手)
3位 50000万円 浅村栄斗(楽天/内野手)
3位 50000万円 坂本勇人(巨人/内野手)
3位 50000万円 山田哲人(ヤクルト/内野手)
6位 46000万円 森 唯斗(ソフトバンク/投手)
7位 45000万円 松田宣浩(ソフトバンク/内野手) ☆23日更改
7位 45000万円 丸 佳浩(巨人/外野手)
9位 40000万円 糸井嘉男(阪神/外野手)

10位 35000万円 中村剛也(西武/内野手)
10位 35000万円 山崎康晃(DeNA/投手)
12位 34000万円 青木宣親(ヤクルト/外野手)
13位 30000万円 千賀滉大(ソフトバンク/投手)
13位 30000万円 岸 孝之(楽天/投手)
13位 30000万円 則本昂大(楽天/投手)
13位 30000万円 増井浩俊(オリックス/投手)
13位 30000万円 陽 岱鋼(巨人/外野手)
13位 30000万円 菊池涼介(広島/内野手)
19位 29000万円 今宮健太(ソフトバンク/内野手)
19位 29000万円 中田 翔(日本ハム/内野手)

21位 28000万円 鈴木誠也(広島/外野手)
22位 25000万円 内川聖一(ソフトバンク/内野手)
22位 25000万円 松井裕樹(楽天/投手)
22位 25000万円 大島洋平(中日/外野手)
25位 24000万円 中村 晃(ソフトバンク/外野手)
26位 21000万円 山川穂高(西武/内野手)
27位 20000万円 森 友哉(西武/捕手)
27位 20000万円 益田直也(ロッテ/投手)
27位 20000万円 西川遥輝(日本ハム/外野手)
27位 20000万円 宮西尚生(日本ハム/投手)
27位 20000万円 吉田正尚(オリックス/外野手)
27位 20000万円 西 勇輝(阪神/投手)
27位 20000万円 藤川球児(阪神/投手)

34位 19000万円 増田達至(西武/投手)
35位 18000万円 金子弌大(日本ハム/投手)
35位 18000万円 會澤 翼(広島/捕手)
35位 18000万円 平田良介(中日/外野手)
38位 17500万円 大瀬良大地(広島/投手)
39位 17000万円 長野久義(広島/外野手)

40位 16000万円 宮﨑敏郎(DeNA/内野手)
41位 15400万円 澤村拓一(巨人/投手)
42位 15000万円 栗山 巧(西武/外野手)
42位 15000万円 近藤健介(日本ハム/外野手)
42位 15000万円 炭谷銀仁朗(巨人/捕手)
42位 15000万円 野上亮磨(巨人/投手)
42位 15000万円 田中広輔(広島/内野手)
47位 14500万円 有原航平(日本ハム/投手)
47位 14500万円 中﨑翔太(広島/投手)
49位 14000万円 源田壮亮(西武/内野手)
49位 14000万円 外崎修汰(西武/内野手)
49位 14000万円 岡本和真(巨人/内野手)

※金額は推定
※1月23日時点

https://baseballking.jp/ns/211714より抜粋

2年連続ホームラン王なんだし安いんじゃないか!という声も聞こえますが、まぁ正直なこというと妥当な価格でしょう。

だってまだ本格的に活躍して2年ですから。

プロ野球の世界では、1~2年活躍してその後は所謂消息不明っていう選手は多いですが、何年も安定して成績を残すのは大変難しいことです。

相手も当然研究に研究を重ねてきますからね!!

よくプロ野球の世界では「3年連続で活躍すれば本物!」といった言い方をしますので、ということは山川穂高選手にとって今年2020年は勝負の年だと思います。

ここを乗り切ったらどんどん右肩上がりで年俸もあがっていくでしょう!

山川穂高の成績は?

引用)https://www.sankei.com/sports/news/190606/spo1906060031-n1.html

山川穂高選手のこれまでの成績を示します。















O
P
S
2014 西武 14 34 30 3 3 0 0 2 9 3 0 0 0 0 4 0 0 10 0 .100 .206 .300 .506
2015 1 1 1 0 1 0 0 0 1 1 0 0 0 0 0 0 0 0 0 1.000 1.000 1.000 2.000
2016 49 157 139 24 36 4 0 14 82 32 0 0 2 0 15 0 1 36 1 .259 .335 .590 .925
2017 78 293 242 46 72 19 0 23 160 61 0 1 0 0 46 1 5 72 7 .298 .420 .661 1.081
2018 143 647 541 115 152 24 1 47 319 124 0 0 0 2 88 2 16 138 5 .281 .396 .590 .985
2019 143 626 524 93 134 20 0 43 283 120 1 0 0 3 86 8 13 142 13 .256 .372 .540 .912
NPB:6年 428 1758 1477 281 398 67 1 129 854 341 1 1 2 5 239 11 35 398 26 .269 .383 .578 .961

山川穂高選手のストロングポイントといえば、誰がどうみてもホームランを打てるパワーでしょう!!

2018年、2019年とホームランを40本以上放ち、ホームラン王のタイトルを獲得しています。

2019年には、日本人最速の通算ホームラン100号を達成!!通算、321試合目でした。

打点も120以上記録しており、しっかりとランナーを返す役割を担っていますね!!

更には、長打率が5割以上!とヒット2本に1本が2塁打以上!!(三塁打は通算1本だけなので、ほぼ二塁打かホームラン (笑))です。

打率は2割5分から3割の間を行き来しており、アベレージヒッターというよりかはパワーを売りにする打者といえます。

2020年度の成績はというと、8月27日現在で打率.236、ホームラン17本、打点50という成績ですね!コロナの影響で開幕が遅れ、本調子ではないのか、これからに期待したいですね。

続いて、山川穂高選手の守備成績を紹介します。



一塁 三塁





2014 西武 1 2 0 0 0 1.000 7 2 3 0 1 1.000
2016 41 304 20 5 37 .985
2017 66 568 39 5 48 .992
2018 142 1288 110 14 133 .990
2019 142 1303 86 8 120 .994
通算 392 3465 255 28 338 .993 7 2 3 0 1 1.000

皆さん見て下さい!!

山川穂高選手は、意外といっては失礼ですが(笑)守備は上手です。

守備率.990以上を記録しています。主に一塁手ですね!

山川穂高選手本人いわく、けっして上手ではないそうですが、この動画をみても、軽快な動きを見せています。

少々腰が高いのが気になりますが、特守ですからしかたないのかもしれません。

一方、ファーストというと動きが鈍い選手がやるというイメージを持つ方が多いですが、実はファーストの守備って難しいですよ!

内野ゴロは最後はファーストに送球されるので、ファーストはどんな球が来てもしっかりととれることが必要です。

ショートバウンドをうまくすくいあげて取ったり、暴投気味の球が来てもうまく体を残して取ったりですね!まさに、股関節の柔らかさがものをいいます。

更には、バント処理や左打者の強烈な打球が飛んできます。

1塁線上すなわちライン際の対応も必要です。

山川穂高選手はどれをみてもソツなくこなしていますね!!

そういったことからも守備の信頼も厚いことが、2018年2019年と全試合出場に繫がっているんだと思います。

山川穂高のホームランポーズ「どすこい」の由来は?

山川穂高選手のファンの皆さま!長らくお待たせいたしました!

ホームランポーズ「どすこい」の由来を紹介したいと思います。

まず、山川穂高選手のホームランポーズは、こちらですね!!(35Sくらい)

由来というと、大相撲幕内の御嶽海に顔が似ていることから考案したポーズだそうです。

その御嶽海関とは交友関係にはないそうですが、山川選手がホームランを打てばこのホームランポーズが紹介されます。その中で御嶽海関のこともでてくると思うので、御嶽海関にとっても良いことですね!!

松田宣の熱男に憧れ

そうです!福岡ソフトバンクホークスの松田選手の「熱男!」にあこがれて始めたとも言われています。

ちなみに熱男!はこれですね!

松田選手本人からも、「それ、オモシロイな!」とお墨付きをもらっています。

熱男!同様、「どすこい」もファン参加型のパフォーマンスで好感が持てますね!!

ホームランポーズにも問題が!?

ファン参加型のホームランポーズ「どすこい」パフォーマンスですが、どうやら問題!?があるようです。

それは、応援団の得点のテーマソングとパフォーマンスが重なってしまい、パフォーマンスの注目度が薄れてしまうとのこと。

それでは、ベース一周をゆっくりすればいいんじゃないかと思いましたが、試合の流れもあるのでそういうわけにはいかないですよね(笑)

でも、山川穂高選手は「スタンドとの一体感を生むために、場内の雰囲気をみながら、上手にやっていく」と言っており、2020今シーズンは山川穂高選手のホームランポーズにも注目したいと思います。

山川穂高選手のまとめ

まとめると、

・山川穂高選手は、2018年2019年と40本塁打以上、打点120以上を記録。更にはチームの4番としてチームの勝利に貢献したことから年俸を上げ億プレイヤーになった

・山川穂高選手は、ホームランが売りの選手でホームラン王を2年連続で受賞している。守備についても守備率.990以上を誇り上手である

・山川穂高選手のホームランポーズの由来は、顔が御嶽海に似ていることと、ホークスの松田選手の「熱男!」に惹かれたことである

コロナの影響で3カ月遅れでプロ野球が開幕し約2カ月が経過しました。当初はコロナの影響によりホームランポーズを封印していましたが、徐々に取り戻しつつあります。

どんどんホームランを打って、「どすこい」ポーズが見たいですね!!

~合わせて読みたいプロ野球選手

今回紹介するのは杉谷拳士選手(日ハム)の年俸推移や成績まとめです。 杉谷拳士選手といえば、西武ドームでの公式戦の打撃練習中、ウグイス嬢...

最後まで読んで頂き、ありがとうございました。