加藤学園高校野球部2020メンバーの出身中学や注目選手、監督紹介!!

クリックすると新しいウィンドウで開きます

引用)https://potaru.com/p/100000016715

令和初の春の選抜高校野球大会まで、あと一か月を切りましたね!!

プロ野球のオープン戦が始まり、球春到来を感じさせます。

今回紹介するのは、春夏通じて初出場!!加藤学園高校野球部の2020主要メンバー及び出身中学、更には注目選手も一気にどどっと紹介します!

更には、加藤学園高校率いる監督は?一体どんな監督なのか?それでは「カトガク」・・いきましょう。




加藤学園高校野球部 2020メンバーの出身中学

クリックすると新しいウィンドウで開きます

引用)https://www.nikkansports.com/baseball/highschool/news/201909210000864.html

通称カトガク!2020主要メンバー(2019年秋の大会登録メンバー)を紹介します。

※左から 背番号、名前、ふりがな、ポジション、学年、出身中学、出身チーム です。

1、肥沼 峻(こいぬま しゅん)投手 3年 埼玉・所沢市立山口中 瑞穂シニア

2、雨宮 快成(あめみや かいせい)捕手 2年  長野・茅野市立東部中 諏訪ドリームボーイズ

3、勝又 友則(かつまた とものり)一塁手 3年 裾野市立東中 静岡裾野シニア

4、宮崎 新那(みやざき あらた) 二塁手 2年 裾野市立須山中 駿東ボーイズ

5、杉山 尊(すぎやま たける)三塁手 3年 三島市立南中 三島シニア

6、大村 善将(おおむら よしまさ)遊撃手 3年 静岡市立蒲原中 沼津シニア

7、植田 颯斗(うえだ はやと)左翼手 2年 山梨・南部町立南部中 静岡蒲原シニア

8、佐野 陸斗(さの りくと) 中堅手 2年 富士市立富士川第二中 静岡蒲原シニア

9、杉本 敏(すぎもと さとし)右翼手 3年 富士市立富士中 静岡蒲原シニア

10、岩間 興生(いわま こうせい)投手 2年 富士市立吉原北中 静岡蒲原シニア

11、加藤 健太郎(たなか まさひろ)投手 3年 裾野市立深良中 駿東ボーイズ

12、飯塚 健太(いいづか けんた)捕手 2年 富士市立富士南中 静岡蒲原シニア

13、稲葉 悠(いなば ゆう)内野手 2年 静岡市立清水小島中 静岡蒲原シニア

14、吉田 光輝(よしだ こうき)内野手 2年 三島市立山田中 静岡蒲原シニア

15、大谷 正和(おおたに まさかず)捕手 2年 東京・立川市立立川第七中 瑞穂シニア

16、野極 友太郎(のぎわ ゆうたろう)内野手 3年 三島市立南中 軟式

17、平尾 勝多(ひらお しょうた)外野手 2年 富士宮市立富士宮第一中 静岡蒲原シニア

18、菊間 右京(きくま うきょう)外野手 3年 熱海市立熱海中 軟式

監督、米山 学(よねやま まなぶ)1978年5月2日生 信州工高(現東京都市大塩尻高)ー亜細亜大学ー本田技研Honda

多くの選手が静岡県内の中学出身ですね。

春夏通じて甲子園初出場とはいえ、16名がシニア出身で、静岡蒲原シニアの出身者が8名とかなりの割合を占めています。

ちなみに筆者の私は東京の立川近郊に住んでおり、「15」控え捕手、大谷選手の出身中学が立川第七中・・ということで勝手に親近感を抱いています(笑)

東京というと、春選抜出場の国士舘、他にも日大三や早実、帝京、関東第一、等々ありますが、大谷選手は、静岡県の加藤学園を見込んでいたのでしょうかね??

静岡と言えば、高校サッカー選手権大会で静岡学園高校が優勝しました!野球も続きたいですね☆

加藤学園の躍動に期待したいと思います。

加藤学園高校の注目選手

クリックすると新しいウィンドウで開きます

引用)https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20191102-00010002-hbnippon-base

名前:肥沼 峻(こいぬま しゅん)

ポジション:投手

出身中学:埼玉・所沢市立山口中 瑞穂シニア

身長体重:180㎝78kg

投打:右投左打

コントロール、スタミナ、精神力の3つを兼ね備えた東海地区屈指の好投手です。高校生屈指の制球力を誇り、打者の左右関係なく内角に投げ込むことのできる気持ちの強さを兼ね備えています。

捕手の外角のサインに首を振り、内角をエグるストレートを投げ込む姿が印象的です☆

秋の東海大会でもそういった場面が多々見られました。

私の好きなタイプの投手ですね!!

性格は・・というと、本人曰く「無です。感情がない」というほど、更には寮生が「どこにいるのかわからない」という程無口な性格の様です。

ただ、マウンドに上がると一変!!

秘めた強い気持ちで、内角に制球力の良い威力のある球をどんどん投げ込みます!!

ちなみに、最高学年になり「寮長」に抜擢されたそうです。

それだけ信頼が厚いんですね。本人は怒るのは得意ではないというが、「必要なことは口を開いて、直接注意するようにしています」とのこと。

甲子園では、気持ちの入った投球からガッツボーズがみられることでしょう!!




加藤学園高校の監督は?

名前:米山学(よねやままなぶ)

生年月日:1978年5月2日生 現役時代のポジション:遊撃手

担当教科:社会科

経歴:

信州工高(現東京都市大塩尻高)ー亜細亜大学ー本田技研Honda

亜細亜大では、主将として大学日本一を達成し、全日本大学野球選手権では1試合4犠打の大会タイ記録を持っています。更には日米大学野球選手権の日本代表の主将をも務めています。

社会人ではHondaでプレーし、都市対抗や日本選手権で活躍しました。

2013年に加藤学園のコーチに就任し、2014年より監督を務めています。

指導方針としては技術指導は勿論ですが、それ以上に大切にしているのが取り組む姿勢です。

それには、信州工時代の恩師、大輪弘之元監督の教えがあるそうです。

「あまり怒られなかったが、トイレが汚くて怒られた」とのこと。

野球をやる以前に身の回りのことからきっちり!ということですね!!

米山監督が就任した当初は、選手たちはバラバラだったそう。

米山監督が注意しても「オレはやってるじゃん」という無責任な声が多々聞こえてきて、部の雰囲気もよくなかったそうです。

要するに「自分さえ良ければいい!」という選手ばかりだったんですね。

そこで、秋の静岡東部地区準決勝、沼津東高校戦で1-5で敗北した後に米山監督が行ったのが、なんと・・。

練習をボール1球で行うということ!!

ボール回し、シートノック、シート打撃・・。ファールでボールが周辺の林に飛び込めば全員で探しに行ったそうです。

暗くなり、携帯電話のライトを頼りに何10分も探したことも多いとか。

主将の勝又友則選手は、「1球の大切さがわかっていなかった。チームが1つになっていなかった。これがきっかけでチームが1つになり、これまではミーテイングでも主将や副主将しか口を開かなかったが、皆意見をどんどん言い合うようになった」と言っています。

米山監督の狙いは、「チーム全員が同じ方向を向き、一つのことに集中する事」だったそうですから、まさに狙い的中ですね!!

ベンチやスタンド含めた皆で一生懸命やれるチーム!それが加藤学園野球部なんです。

泥臭く、一生懸命、ひたむきなプレー!それが加藤学園だと米山監督は言います!!

私学というと一見華やかなプレーに華やかなチア、スタンド・・を連想しますが、私は加藤学園の私学らしくない泥臭さや一体感が大好きです☆

甲子園でも私学らしくない加藤学園の躍動を楽しみにしています☆☆

加藤学園高校ってどんな高校?

所在地:〒410-0022 静岡県沼津市大岡自由が丘1979

全校生徒数:1370人(女子674人)

設立:1926年

野球部創部:1996年

1926年に沼津修徳女学院、その後沼津女子高等学校と改称し、1977年に加藤学園高等学校となりました。1983年に女子高だったのを共学化します。

地元では「カトガク」の愛称で親しまれています。

加藤学園幼稚園、暁秀初等学校、暁秀中学校、暁秀高等学校も併設しています。

校訓は「至誠」で、品位ある人間づくりを目指しています。

特進部、進学部、総合学部の3コースを持ち、部活動も盛んで高校駅伝(男子)で8位入賞実績がある陸上部をはじめ、男子柔道部、女子バトミントン部、男女ソフトテニス部、チアーリーダー部が全国大会を経験しています。

野球部は1996年に創部し、97年秋に県8強、98年春に県4強、そして2001年に秋の東海地区大会8強が最高成績でその後は低迷していましたが、昨年秋東海地区4強入りしました。




加藤学園高校野球部 2020メンバーの出身中学や注目選手、監督紹介!!まとめ

クリックすると新しいウィンドウで開きます

引用)https://news.goo.ne.jp/article/hbnippon/sports/hbnippon-column-13754.html

春夏通じて初出場の加藤学園高校!!

米山監督の、「全てのことは心からはじまる」という教えのもと、甲子園ではどんな野球をみせてくれるのでしょうか!!

ちなみに、「全てのことは心からはじまる」という言葉・・。

練習のノック開始前に全員で全力発声するそうです!

甲子園のシートノック前にも全力発声するのでしょうか。

心がプレーに出る・・という米山イズムが浸透したカトガクの選手たち。

肥沼投手が気持ちの入ったボールを投げ、バックが全力で守る!そして、全員で1点を取りに行く!!それがカトガク野球です。

カッコいいユニフォームとは裏腹に私学らしくない泥臭くひたむきな姿勢・・。

私の大好きな野球を体現してくれるカトガクが大好きですね☆

秋の大会で見られたような選手、スタンド一体感のある応援も見られることでしょう。

加藤学園の応援【2019年秋】~さくらんぼ、ダッシュ、紅、アルプス~

それでは、甲子園でまたお会いしましょう!!

最後まで読んで頂き、ありがとうございました。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする