本並健治は腎臓破裂を経験!相手は誰?若い頃の画像についても

本並健治さんが、丸山桂里奈さんとの結婚を発表しました。

その本並健治さん、実は現役時代に腎臓破裂の大けがをしたことがあるんです!!

その時の相手は誰だったのか?

そして、本並健治さんといえばJリーグ開幕当初のガンバ大阪正ゴールキーパー!!

若い頃の画像についても見ていきたいと思います。

この記事は、

・本並健治さん、腎臓破裂を負った時の相手は誰だったのか知りたい方

・本並健治さんの若い頃現役時代の画像について知りたい方

向けに書いています。

本並健治は腎臓破裂を経験!相手は誰?

引用)https://blogtag.ameba.jp/detail/%E6%9C%AC%E4%B8%A6%E5%81%A5%E6%B2%BB

本並健治さんは、現役時代に腎臓破裂の大けがを経験しています。

相手は、当時サンフレッチェ広島の田口禎則選手です。

いつ起きたの?

Jリーグ開幕した1993年7月7日のガンバ大阪VSサンフレッチェ広島戦です。

どんなシチュエーションで腎臓破裂の大けがが発生したの?

後半終了直前のサンフレッチェ広島のコーナーキック時で、ゴールキーパーの本並健治さんがボールキャッチにいった際に、相手の田口禎則選手と激しく接触!

その際に、田口選手が本並選手の腹部を蹴り上げ、腎臓破裂の大けがを負いました。

同点だったので、本並選手は勿論ですが、田口選手も必死だったんだと思います。

勝ち点3を得るのとそうでないのは大きな違いですからね!

試合は延長Vゴールでサンフレッチェ広島が勝利しました。

腎臓破裂は生命の危機と言われるほどの大けが

延長前半開始直後にサンフレッチェ広島がゴールを決め、試合終了したわけですが、

それが功を奏したとしか言いようがありません。

なぜなら、のちの医療機関の診察では、「仮に延長戦が続いていたら助からなかっただろう」と診断されたほどの大怪我だったからです。

本並健治さんも当然痛かった(痛すぎた)と思いますが、試合中ですし、更には同点で延長戦ですから、気持ちもかなりハイになっていたので、ベンチに下がろうなんては思わなかったんだと思います。

更には、ガンバ大阪の正ゴールキーパー守護神ですし、これぞプロ精神ですね!

腎臓破裂って何?

腎臓は、血液中にたまった老廃物を身体の外に排出する機能を持った臓器で腎臓が悪いと、老廃物が体の中に蓄積してしまい、体内循環が悪くなってしまいます。

尿毒症と言われる、尿がでなくなってしまうものですね。

更には、他の人体臓器に比べて損傷を受けやすい部分であることから、本並選手もあたりどころが悪かったために大けがを負ってしまいました。

このような多量の出血をしてしまうと低血圧や貧血になる恐れもあり、かなり危険な状態です。

腎臓は尿路の他の臓器と比べて外傷による損傷を受けやすい部位です。通常は交通事故、転落、またはスポーツ外傷で生じる鈍い力が尿路と性器の外傷の原因になります(鈍的外傷)。銃で撃たれた傷(銃創)や刺し傷(刺創)など、腎臓を貫通する外傷(穿通性外傷)もあります。頻度は低いものの、腎生検などの診断検査中に、あるいは腎結石に対する体外衝撃波砕石術などの様々な治療中に損傷が起きる場合もあり、この場合の損傷は通常は軽微です。同様に、腎臓の鈍的外傷もほとんどは軽微ですが、重篤になるものもあります。腎臓の重篤な鈍的外傷や穿通性外傷を治療しないでおくと、腎不全、腎臓の喪失、遅発性の出血、感染、高血圧などの合併症が発生する可能性があります。

https://www.msdmanuals.com/ja-jp/より抜粋

腎臓の鈍的外傷の症状としては、血尿、上腹部や側腹部(肋骨と股関節の間の部位)の痛み、シートベルトによる腎臓付近のあざ、肋骨下部の骨折による痛みなどがあります。腎臓の外傷が重度で、かなりの出血が生じれば、低血圧(ショック)や貧血が起こります。

https://www.msdmanuals.com/ja-jp/より抜粋

田口禎則選手ってどんな選手だったの?

本並健治さんと激しく接触した田口禎則選手は、どんな選手だったのか紹介します。

田口禎則選手のwikiプロフィールは?

田口禎則選手は筑波大学から、1989年に横浜フリューゲルスの前身全日空サッカークラブに入団します。

その後、1993年にサンフレッチェ広島に移籍しますが、出場6試合と出場機会を得られませんでした。

1994年には浦和レッズに移籍し、1998年までプレーし現役を引退しました。

現役時代は、審判に暴言を吐いて退場や数試合の出場停止処分を受けたり、サポーターとの間でトラブルを起こしたりということもありましたが、気持ちの強い!選手でした。

現在は、政治活動をもしています。

本並健治の若い頃の画像がイケメンすぎ!!

そんな、本並健治さんの若い頃の画像をみていきたいと思います。

浪速のイタリアーノこと本並健治さんの画像をご覧ください!!

そこで、若い頃の画像を紹介したいと思います。

引用)https://anotherstorysign.com/kenji_honnami2/

https://mainichi.jp/articles/20200905/k00/00m/040/159000cより引用

引用)https://anotherstorysign.com/kenji_honnami2/

引用)https://star.ap.teacup.com/risbet/1096.html

引用)https://knowledge-life.com/archives/4878

https://tyunntarou.com/honnnamikennzi-young/より引用

引用)https://tyunntarou.com/honnnamikennzi-young/

引用)https://anotherstorysign.com/kenji_honnami2/

引用)https://free-workstyle.com/archives/6398

引用)https://puralog.com/honnamikenji-young-niceguy

引用)https://kansyaorei.xyz/honnamikenji-wakaikoro/

引用)https://anotherstorysign.com/kenji_honnami2/

引用)https://miniborder.com/honnami_yong

こちらが現在の本並健治さんの動画ですが、若い頃と変わらないですよね(笑)

彫りも深いし鼻が高いし、浪速のイタリアーノ継続です(笑)

現在は高校サッカー部の監督を務めているそうです!!

こんなダンディーな監督から指導を受けることができる高校生は嬉しいですね!!

本並健治さんはイケメンで最高の指導者

現役引退してからは、大学サッカー部や、なでしこジャパンの大阪高槻の監督、現在は高校サッカー部の監督を務めている本並健治さん!

現役時代に培った経験を後進に伝え続けています。

コチラの動画では、中学生ジュニア世代に指導している様子が描かれています。

最初は堅くなってたこの男子生徒の表情が徐々に緩んできたのが特徴的ですね(笑)

キーパーとしての心得だったり、ポジショニング、DFに対するコーチング、更には食事等ポイントを得た指導でみているこちらまで嬉しくなってきます!!

この度の本並健治さんと丸山桂里奈さんとの結婚に関しても、丸山桂里奈さんが所属していた大阪高槻の監督を務めていたのが本並健治さんでした。

丸山桂里奈さん曰く、「自分のことをよく聞いてくれた!親身になって相談に乗ってくれた」と言っていました。それがもとで監督と選手の間柄から、徐々に距離が近まっていったのではないかと思います!!

また、大阪高槻監督時代は、オヤジギャグをよく言っていたようですね!!選手との距離を縮めようと(いや縮まった)心配りができるよい監督だと思います(笑)

そんな本並氏は「オヤジギャグですべった」エピソードも披露。チーム全員に集合をかけ、緊張している選手がいるのに気付き「モジモジしてる子がおったんで、ほぐそうと思って。“トイレ行きたいの?行っトイレ”と言ったら、外国人選手が“アンビリーバボー”って」と苦笑。

https://www.sponichi.co.jp/entertainment/news/2016/11/03/kiji/K20161103013656180.htmlより抜粋

サッカーの監督と選手という男女の関係ではないにせよ、男性と女性という間柄にて、あまりにもカッコ良過ぎるとどうしても距離がうまれちゃいますよね。

本並健治さんの画像のところで紹介しましたが、画像は当然イケメン!ですが、生で見ても本当にカッコいいです(笑)

そんな本並健治さんならではの気づかいだと思います!!

本並健治さんはドラマにも出演!!

現役時代から攻撃的なゴールキーパーとして、ガンバ大阪や東京ヴェルディで活躍し、引退後は指導者、更にはバラエティー番組や解説として活躍している本並健治さんがドラマに出演しました!!

元サッカー日本代表の本並健治(55)が2月7日放送のTBS系連続ドラマ『病室で念仏を唱えないでください』(毎週金曜 後10:00)第4話にゲスト出演することがわかった。

https://www.oricon.co.jp/news/2154334/full/より抜粋

更には、伊藤英明の患者役として出演するようです!!

同作は『病室で念仏を唱えないでください』(小学館ビッグコミックス・既刊6巻)を実写化。僧侶でありながら救命救急医でもある異色の主人公・松本照円(伊藤英明)の奮闘を通して、「生きることとは、そして死ぬとは何か」を問う一話完結形式の医療ヒューマンドラマとなっている。

本並が演じるのは、照円が勤めるあおば台病院救命救急センターに急患として運ばれてくる長沢功一。そして、功一の妻・長沢奈穂役には中島ひろ子。そして、娘・長沢沙織役には美山加恋が起用された。

https://www.oricon.co.jp/news/2154334/full/より抜粋

過去に元サッカー選手でドラマ出演というのは聞いたことがありませんね!!

バラエティー番組なら、武田修宏さんや北澤豪さん、更には現在も横浜FCで現役続行している三浦知良さんなど出演していましたが、ドラマとなると本並健治さんが恐らく初めてです!!

本並健治さんが多才なのはこれまでの色々な経験をしたから

本並さんほど様々な経験をしてきた方はいらっしゃらないんじゃないかという程色々経験しています。

今でこそ、これだけ有名ですが、大学生のころは「プロになれるとは思わなかった」と言っていましたし、「安定した企業に入って安定した生活を!」ということで松下電器に入社したと語っています。

松下電器時代は社業とサッカーを両立していたそうです。

そしてJリーグ発足とともにプロ入りし、当時弱小だったガンバ大阪の守護神としてガンバ大阪の礎を築きました。

先にも紹介した通り、腎臓破裂の大けがを負ったこともありました。

(その後の脅威の回復力には驚きましたが!!)

生命の危機に瀕した時もあったにもかかわらず、その後も現役を続け、攻撃的なゴールキーパーとしてファンを魅了し続けてくれました。

現役引退後は指導者として、更には解説やバラエティー番組、スポーツ番組などに出演し、我々を楽しませてくれています。

これまでの経験の全てが本並健治さんのオーラとして表れており、人を惹きつける魅力だと思います。

本並健治さんのまとめ

まとめると、

1993年7月7日のガンバ大阪VSサンフレッチェ広島戦試合後半終了間際に相手選手との接触により腎臓破裂の大けがを負う

・広島のコーナーキックのボールをキャッチに行こうとした際に、田口禎則選手と接触、田口選手の足が本並選手の腹に入り、腎臓破裂の大けがを負う

・延長前半早々にVゴールを献上し試合は修了したが、もっと試合が長引いていれば助からなかったほどの大けがであった

丸山桂里奈さんとの結婚を発表した本並健治さん!

これからも指導者として、更には解説やTVバラエティー番組などでの活躍が楽しみですね。

~更に読みたい、本並健治さん

元サッカー日本代表GKの本並健治氏(56)が、元なでしこジャパンFWでタレントの丸山桂里奈さん(37)との結婚を発表しました。 元 #...

最後まで読んで頂き、ありがとうございました。

Jリーグ発足当初に攻撃的なゴールキーパーとして活躍した本並健治さんが紹介されています!ガンバファン・サッカーファンの方必見です!!

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする