ホークス福田秀平が国内FA権を行使し千葉ロッテ入りを決断!!とあるコーチが関係していた

福岡ソフトバンクホークスの福田秀平外野手が、国内FA権を行使し、千葉ロッテマリーンズ入りを決めました。

2019年11月26日の福田秀平オフィシャル後援会ブログにて、「私、福田秀平は2020シーズンから千葉ロッテマリーンズでプレーすることを決めました。」と綴っています。

今回の国内FA権行使にて、セパ複数球団が獲得意思を示していました。ヤクルト、中日、西武、楽天、そして千葉ロッテ。

ヤクルトは、レフトを守るバレンティンは退団濃厚だし、センターの青木もベテランだし、走攻守3拍子揃った30歳の油みなぎった福田秀平は喉から手が出るくらい欲しいだろうな~と思ったり。

おまけに出身は神奈川県横浜市、高校は東京都の多摩大聖ヶ丘高校ですね。あの早実出身の斎藤佑樹(北海道日本ハムファイターズ)とは高校時代から親交があるとか。

正直、ヤクルトか中日のセリーグ球団に行くだろうと思っていましたが、彼が選んだのは、「千葉ロッテマリーンズ」でした。




福田秀平は移籍先になんと・・千葉ロッテを選んだ!!

「私、福田秀平は2020シーズンから千葉ロッテマリーンズでプレーすることを決めました。」

 ※11月26日の福田秀平オフィシャル後援会ブログより。

セパ5球団競合の末に、選択したのは千葉ロッテマリーンズでした。

千葉ロッテマリーンズは、前身ロッテオリオンズで川崎球場を本拠地としていました。川崎劇場!なんていう言葉を聞いたことある方も多いのではないでしょうか。観客数が少ないため、スタンドでカップルがイチャつき、キスしているのが分かっちゃうことなんか多かったんですよね(笑)1995年より千葉県を本拠としており、鳴り物を極力使わず声で選手を後押しする独特な応援スタイルをもっています。

そのマリーンズの鳥越1軍ヘッドコーチ!!

どうやら千葉ロッテマリーンズ入団には、鳥越ヘッドの存在が大きかったようです。




福田秀平と鳥越ヘッド兼内野守備コーチ

鳥越コーチとの出会いは、福田秀平がソフトバンクに入団してからのことでした。

そして、福田秀平が19歳の時にお父様が他界。ちょうどプロ入り2年目ですね。

お父様他界による強烈なショック且つプロのスピードに慣れず、プロ野球選手を辞めようと腐りかけていた福田秀平に猛練習を課し、公私共々育て上げたのがこの当時ホークスの鳥越2軍内野守備走塁コーチだったのです。

ちなみに鳥越コーチも奥様を乳癌で亡くしたこともあり、何か期すものがあったのでしょう。更には、ピンクリボン運動に賛同し、乳癌の早期発見を呼びかける「鷹ガールデー」を発案したのはこの鳥越コーチなんですよ。

その後の福田秀平選手の活躍は見てのとおり!!ですね。

私も覚えてますよ。まさに現地で見てましたし。

宮崎キャンプで福田秀平が居残りで鳥越コーチと最後まで練習していたのを。

最初は福田秀平含めた2,3選手がノックを受けていましたが、その後キャンプ敷地内の別箇所を見て2時間くらいして戻ってきたところ、今度は福田秀平だけ鳥越コーチとマンツーマンでやっていました。

「何度言ったらわかるんや!」「プロ野球を舐めとんのか!」「そんな態度なら辞めちまえ!」・・。 

鳥越コーチも現役終えて間もなかったので、自分がプレーしているかのように熱くなっていたのでしょう。強烈な檄が飛んでいました。

キャンプ見学に来ていたお客さんが凍るくらいに。

自らグラブ片手に熱血指導で、鳥越コーチまだまだ現役で通用するんじゃね(笑)って思ってました。

そのとき私は、福田秀平選手を知らなかったんですよ。背番号37??明石選手??って思ってました。

(明石選手は当時36番。明石選手すんません!!!。)

そしたら周りの観客が「背番号37。昨年の高校生ドラ1でなぁ、福田秀平っていうんや。左打ちでバッテイングが良いんだよ!」って教えてくれたんです。

当時福田選手は高卒2年目でしたので、まだまだキャシャな印象ありましたが、必死に鳥越コーチにくらいついていましたよ。

そのころから私も福田秀平選手を注目するようになりましたよ!!

そして、、、翌年以降1軍にも呼ばれるようになり、次第に代走や守備固めで出場するようになりましたね。

ちなみに私は千葉ロッテマリーンズファンですが、ソフトバンク戦で福田秀平選手が登場すると何故か応援していました(笑)ホークス時代の応援歌も歌えます(笑)(笑)

#37 福田秀平

嵐呼べよ福田 風を切れよ福田 溢れる情熱 見せてくれ

 ~選手別応援歌より~

あの日から2~3年後のソフトバンク宮崎キャンプにて、当時主力の本多や川崎、松田らと一緒に全体練習後の特守を受けていた際に、たまたま通りかかった鳥越コーチが、特殊を受けていた福田秀平に、「お前、誰や(笑)みんな知らねえぞ~(笑)」ってからかっており、本当に可愛いがっているんだな~と思いました。鳥越コーチからの期待の現れですね!

福田秀平選手の成長には鳥越コーチの存在が大きかったんですね!




最近のFAは、何かが違うぞ!?

FAというとこれまでは、巨人や阪神への移籍が多かったですよね。

ここで、巨人へFA移籍した主な選手を上げてみました。

93年 落合博満内野手(中日ドラゴンズ)

94年 川口和久投手(広島東洋カープ)

   広沢克己内野手(ヤクルトスワローズ)

96年 清原和博内野手(西武ライオンズ)

99年 江藤智内野手(広島東洋カープ)

   工藤公康投手(ダイエーホークス)

05年 豊田清投手(西武ライオンズ)

06年 小笠原道大内野手(北海道日本ハムファイターズ)

11年 杉内俊哉投手(福岡ソフトバンクホークス)

   村田修一内野手(横浜ベイスターズ)

13年 片岡治大内野手(西武ライオンズ)

   大竹寛投手(広島東洋カープ)

16年 山口俊投手(横浜Denaベイスターズ)

   陽岱鋼外野手(北海道日本ハムファイターズ)

18年 炭谷銀仁朗捕手(西武ライオンズ)

   丸佳浩外野手(広島)

・・・そうそうたる顔ぶれですよね。

ですが、今年FA権を取得した千葉ロッテマリーンズの鈴木大地選手(東北楽天に移籍)、東北楽天イーグルスの美馬学投手(ロッテに移籍)は、当然巨人からも声が掛かりましたが、断りの連絡をいれています。

また、近年FA権を取得した浅村栄斗選手、今江選手、岸選手も巨人や阪神ではなくパリーグ球団の楽天イーグルスに移籍しています。

今回の福田秀平選手含め、「ブランドよりも中身」という志向なのでしょうか。

以前は「元ジャイアンツ」「元タイガース」といったブランドが重宝されていましたが、そういった意味からすると時代の流れを感じますね。

新たなプロ野球の時代到来でしょうか!?!?ワクワクします☆☆




お待ちかね!?福田秀平の彼女は??

福田選手、大変失礼申し上げました。2016年9月に同い年の元洋服販売店の一般女性と結婚されています。2014年秋に知人の紹介で知り合い、約2年の交際を経てゴールイン!!

おめでとうございます!

更には、2017年11月28日に第一子となる長男が誕生しています。

千葉ロッテでも子供や奥様のために頑張ってほしい!ZOZOマリンを駆け抜ける福田秀平選手が楽しみです☆☆

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする