原俊介監督(東海大相模)の巨人時代の成績は?wikiや原辰徳との関係についても

高校野球の強豪!東海大相模高校野球部監督に原俊介氏が就任することになりました!

原俊介氏は1995年ドラフト1位にて巨人に入団し、主に捕手として活躍しました。

そんな、原俊介氏の巨人時代の成績!気になりますよね?

また、原俊介監督のwikiプロフィールは?

この記事は、

・原俊介監督(東海大相模)の巨人時代の成績が気になる方

・原俊介監督(東海大相模)のwikiプロフィールや原辰徳監督との関係が気になる方

向けに書いています。

原俊介監督(東海大相模)の巨人時代の成績は?

東海大相模高校野球部監督に就任した原俊介監督の巨人時代の成績を紹介します。















O
P
S
2003 巨人 40 47 45 7 12 2 1 3 25 8 0 0 0 0 1 0 1 16 2 .267 .298 .556 .853
2004 6 6 5 1 2 0 0 0 2 0 0 0 0 0 1 0 0 1 0 .400 .500 .400 .900
2005 9 17 16 1 2 0 0 0 2 1 0 0 0 0 1 0 0 5 1 .125 .176 .125 .301
2006 13 21 19 1 3 1 0 0 4 1 0 0 1 0 1 0 0 4 1 .158 .200 .211 .411
通算:4年 68 91 85 10 19 3 1 3 33 10 0 0 1 0 4 0 1 26 4 .224 .267 .388 .655

wikipediaより抜粋

1995年ドラフト1位で巨人に入団し、実働10年でした。

ドラフト1位で入団したときは、強肩強打の捕手として次世代の巨人を担う選手として期待されましたが、なかなか出番に恵まれなかった印象は強いですね。

当時は、村田真一選手が巨人の正捕手を務めており、控え捕手にも小田幸平、村田善則、更には打撃力が売りの阿部慎之助と錚々たる顔ぶれでした。

これでは高卒捕手としてはなかなか出番が回ってきませんよね。

ファームでは強肩強打をいかんなく発揮しましたが、これぞ老舗球団だからか・・なかなかチャンスに恵まれませんでした。

2006年に2番手捕手の小田幸平が中日に移籍し、やっとチャンス到来か!と思われましたが、星孝典や加藤健、新入団の實松一成などの台頭しこれまたチャンスなし・・。

正直なところ、入団したのが巨人じゃなかったらまた違っただろうな・・と思いましたが・・。

原俊介監督(東海大相模)のWikiプロフィールは?

原俊介監督のwikiプロフィールです。

出身地 神奈川県秦野市
生年月日 1977年8月30日(43歳)
身長
体重
180 cm
88 kg

wikiプロフィールより抜粋

選手歴
  • 東海大学付属相模高等学校
  • 読売ジャイアンツ (1996 – 2006)
監督・コーチ歴
  • 東海大静岡翔洋高等学校

wikiプロフィールより抜粋

東海大相模高校出身で、3年時には4番捕手更にはチームのキャプテンを務めていた原俊介監督。

現役引退後は早稲田大学人間科学部健康福祉科学科に進学。その後2016年4月より東海大静岡翔洋高校の野球部監督に就任しました。

巨人軍原辰徳監督との関係は?

巨人軍原辰徳監督といえば、東海大相模高校出身!!

更に、名前も同じ「原」!!

こりゃ何かあるに違いない・・と思いましたが、血縁上のつながりは一切ありません!!

ちなみに1995年ドラフト会議で原俊介氏を指名したのは原辰徳監督でしたが、指名したのであれば(しかもドラフト1位)、もうちょっと起用してほしかったなというのが正直なところですね。

原俊介監督(東海大相模)のまとめ

まとめると、

・原俊介監督(東海大相模)は巨人時代、出番に恵まれずドラフト1位にしてはあまり芳しい成績を残すことができなかった

・原俊介監督(東海大相模)は巨人軍原辰徳監督と血縁関係にない

長年東海大相模高校野球部を率いてきた門馬敬治監督が退任し、時期監督に原俊介氏が就任することが確実になりました。

原俊介氏も東海大相模高校OB!

どんな相模野球を見せてくれるのか。今から楽しみですね!

それではまた、どこかでお会いしましょう。

最後まで読んでいただき、ありがとうございました。