村上宗隆と清宮幸太郎、真の4番はどっちだ!ホームラン動画集あり

今シーズンの村上宗隆選手(ヤクルトスワローズ)の打棒はとどまるところを知りません!!

ホームランアーチスト!ホームランがすごすぎるとしか言いようがありません(笑)

同期入団の清宮幸太郎選手とともに日本野球界を背負って立つ選手であることには間違いありませんね!

真の侍ジャパンの4番はどっちだ!?

この記事は、

・村上宗隆選手のホームラン動画集が見たい方!拝みたい方!

・村上宗隆選手と清宮幸太郎選手、将来の侍ジャパンの4番がどちらなのか今から気になる方!

向けに書いています。

村上宗隆のホームランがすごすぎる!

既にヤクルトスワローズの4番に座り、打率.341というセリーグNo.1の高打率を残している村上宗隆選手!

正直ここまでの活躍をだれが予想したでしょうか!!

早速村上宗隆選手のすごいホームランをご覧いただきたいと思います。

と、その前に(笑)

9月2日の阪神戦でプロ初の3塁打を放ちました!!3塁打初めてだったんですね!!意外(笑)

3塁打になる前に、スタンドに入っちゃいますもんね(笑)

本題に戻りまして、ホームランシーンをどうぞ!!

中日の大野投手からライトスタンド一直線のホームラン!!

インコースよりのベルトより少し高めのボールをうまく振り抜きました。

元巨人やヤンキースで活躍したゴジラこと松井秀喜選手を彷彿させるホームランですね!!

続いて、阪神タイガース戦でのホームランです。アウトコース低めのボールをうまくすくい上げ、レフトスタンドに流し打ちホームラン!!

次はこれぞホームラン!!横浜スタジアムの増設されたウイング席へのホームランです。

フォースロー(ボールをミートした後の振り抜き)がとてつもなくでかい!!

ホームランを打つ打者はフォースローも大きくて、きれいだなーと思いました。

練習試合とはいえ、ライトスタンドへ弾丸ライナーのホームラン!見ていて気持ちいいです!

同期入団の日ハム万波選手もバックスクリーンにホームランを打っているので、まさにそれに燃えた村上宗隆選手でしたね!!

初々しいのも出てきました!!プロ初打席で初ホームランを打った時の動画です。

初球、2球目とファールしますが、ルーキーにもかかわらず既にフルスイングが身についていますね!!それはホームランも頷けます!!

遠くから見ていても、メジャーに渡った筒香選手を彷彿とさせる構えですね!!打球もライトスタンド一直線!!高卒2年目20歳の選手とは思えません(笑)

何度も言いますが、逆方向(レフト方向)に滞空時間の長いホームランを打てるのは大打者の風格ありです!!

大打者の中西太さんの年間記録に若干20歳で並びましたね!!

村上宗隆選手の凄いところは、逆方向(左打者であればレフト方向)へもホームランが打てるところです!

その中でも最も難しいアウトコース低めをもホームランにできるところですね!!

ピッチャーをやっていた方ならわかると思いますが、よくコーチから「低めに投げろ!」って言われませんか?

打者から見れば一番遠いので、バットを出しにくいのと、ボールの上を叩いてゴロを打たせやすい、すなわち長打を打たれにくいから「低めに投げろ」っていうわけですね!!

引っ張る(左打者であればライト方向)のは、ある程度力で飛ばせるのは誰しも想像しやすいと思いますが、流し打ちは技術が必要です。

ただ、バットにあてればよいというわけではなく、「バットに体重をのせてボールを押し込む」必要があるわけです。

ここで、皆さんに質問があります!!

皆さん!!逆方向へのホームランが多い打者でといえばだれを想像しますか?

私は、巨人で活躍した清原和博さんや中日や巨人で活躍し、中日で監督も務めた落合博満さんを想像します。

お二方ともにプロ野球界を代表する大打者ですよね!!

村上選手もこのままいけば大打者になる可能性は大いにあります!!

特に落合博満さんはおっつけてライト方向へ打つのがうまかったです!!

コンマ何秒の世界ではありますが、ボールを見れる時間が増えるので確実にライト方向へも打てたわけですね。

というわけで、村上宗隆選手は9月3日時点、打率.341でセリーグ1位、ホームラン11本と大活躍している理由がわかります。

しっかりとボールを見極め、しっかりとらえることができているので、打率を残せ、ホームランが打てるということです。

村上宗隆と清宮幸太郎、将来の真の4番はどっちだ?

引用)https://sportiva.shueisha.co.jp/clm/baseball/npb/2019/06/10/___split_102/

さあ、プロ野球ファンの皆さんが気になるのがこの話題!!

現時点では、村上宗隆選手のほうが清宮幸太郎選手よりも成績を残していますが、真の4番は〇〇だ!と現時点で決めつけることはできませんね(笑)

二人とも真の4番になる可能性は十分にあります。

勿論、村上宗隆選手、清宮幸太郎選手以外にも凄い選手は沢山います。

例えば、千葉ロッテに入団した清宮、村上とともにBIG3と言われた安田尚憲選手だってそうでしょう。

村上宗隆選手と清宮幸太郎選手は高校時代に対戦したことがある!?

村上宗隆選手が1年生の時、5月に清宮幸太郎選手率いる早稲田実業高校と練習試合を行い、その時に村上、清宮ともにホームランを放ちました。

村上選手は高校第一号がその早稲田実業との練習試合で放った一発でした!

既に1年生の時からお互いを意識しあっていたのではないでしょうか!!

高校時代は村上選手は、通算52本のホームランを放っており、「肥後のベーブルース」なんて呼ばれていたそうですが、

清宮幸太郎選手の方が1年夏から早稲田実業の3番!3年間の通算ホームラン118本!と村上選手を上回っていました。

話題性も清宮選手の方がありましたね!正直私は高校時代の村上宗隆選手はよく知りませんでした。

後から調べましたら村上宗隆選手も野球強豪校の九州学院高校出身で、甲子園にも出場しています。ちなみにポジションは捕手(1年秋より捕手に転向)でした。

こちらが村上選手の高校時代の写真です。

引用)https://yakyutaro.jp/r.php?hash=T8gkX

プロ野球選手となったと比べると、高校生ですからだいぶスリムですね(笑)

プロ入りし、ウエイトトレーニングを積んで、筋力を大きくしてきたかがよくわかります。

村上宗隆選手と清宮幸太郎選手のプロ入り後成績は?

まずは村上宗隆選手の打撃成績です。

















O
P
S
2018 ヤクル 6 14 12 1 1 0 0 1 4 2 0 0 0 0 2 0 0 5 0 .083 .214 .333 .548
2019 143 593 511 76 118 20 0 36 246 96 5 4 0 3 74 5 5 184 9 .231 .332 .481 .814
NPB:2年 149 607 523 77 119 20 0 37 250 98 5 4 0 3 76 5 5 189 9 .228 .329 .478 .807

続いて清宮幸太郎選手の打撃成績です。















O
P
S
2018 日本ハム 53 180 160 17 32 4 2 7 61 18 0 0 0 1 16 2 3 60 1 .200 .283 .381 .665
2019 81 278 250 26 51 11 1 7 85 33 0 1 0 4 21 0 3 75 4 .204 .270 .340 .610
NPB:2年 134 458 410 43 83 15 3 14 146 51 0 1 0 5 37 2 6 135 5 .202 .275 .356 .631

2017年オフに村上選手はヤクルトに、清宮選手は北海道日ハムに入団し、プロとしてのキャリアをスタートします。

プロ入り1年目の2018年は、清宮選手のほうが多く試合に出場していましたが、プロ入り2年目の2019年は村上選手が143試合全試合出場、ホームラン36本とブレイクします。

村上選手はヤクルトスワローズの1塁手のレギュラーを獲得しましたね!!

2020年度の村上選手は9月3日現在で打率.342と前年の.231からだいぶ確実性をUPさせ、ホームランも11本放っています!!

スター街道へまっしぐら!という感じですが、成績を3年連続で残して1流といわれるので、村上選手は今が本当に勝負どころだと思います。

こちらに村上選手の考える四番論が展開されていますよ!若いのに考え方が理にかなっていてさすがだなと感心します!!ファンの方必見です。

一方の清宮幸太郎選手はというと、出場機会は得ていますがレギュラーまでには至っていないですね。

打率も2割そこそこ、ホームランも一桁ですので、まだ本来の力を発揮できていない印象です。

ただ、清宮幸太郎選手の実力は誰もが認めるところ、まだ高卒3年目で完璧を求めるほうがおかしいかもしれません。

1軍に昇格することなく泣く泣くユニフォームを脱ぐ選手が殆どの中、よくやっているといえるのではないでしょうか!!

けがをしてしまうと、長期間離脱したりしてしまうので、それだけには気を付け、じっくりと成長していけば大丈夫です!!

村上宗隆のまとめ

まとめると、

・村上宗隆選手は広角にホームランを打つことができ、2019年シーズンは高卒2年目にして36本のホームランを放った

・村上宗隆選手と清宮幸太郎選手はどちらが真の4番かは現時点では判断できない

・今のところは村上宗隆選手のほうがブレイクしているが、清宮幸太郎選手も実力は皆が認めるところなので、今後の活躍に期待したい

コロナの影響で3か月ほど開幕が遅れましたが、感染症対策をしながらペナントレースが行われています。

村上宗隆選手は打率.342とホームランに加え確実性をアップさせています。

村上選手のホームランが楽しみですね!!活躍を大いに期待しましょう。

~あわせて読みたいホームランバッター

今回紹介するのは、柳田悠岐選手(福岡ソフトバンクホークス)の年俸推移や成績まとめです。 打って守って走ってよし!3拍子揃った柳田悠岐選...
今回紹介するのは、浅村栄斗選手(東北楽天ゴールデンイーグルス)の年俸推移や成績まとめです。 大阪桐蔭出身らしい豪快な打撃が魅力の浅村栄...

最後までお読みいただきありがとうございました。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする