ヴィンセント(東京国際大学)のwikiプロフィール。日本語は話せるの?

今回紹介するのは、東京国際大学のヴィンセント選手です。

ヴィンセント選手といえば、昨年2019年箱根駅伝3区を走り59分25秒の新記録を打ち出し、鮮烈なデビューを飾りました!

そんなヴィンセント選手のwikiプロフィール、年齢や身長体重について紹介していきます。

この記事は、

・ヴィンセント(東京国際大学)のwikiプロフィールが知りたい方

・ヴィンセント(東京国際大学)は日本語が話せるのか気になる方

向けに書いています。

ヴィンセント(東京国際大学)のwikiプロフィール

ヴィンセント選手のwikiプロフィールを紹介します。

  • 名前:イェゴン・ヴィンセント
  • 生年月日:2000年12月5日
  • 身長・体重:187cm・68kg
  • 血液型:AB型
  • 出身地:ケニア
  • 1万メートル自己ベスト:27分47秒76

ヴィンセント選手は身長が高い!

そうですね!身長187㎝ですから、かなり長身です。

ちなみに日本人大学生長距離ランナーの平均は170㎝ですので、ヴィンセント選手はかなり背が高いです。

更には、手足が長いので、大きな走りが期待でき、馬力がありますね(笑)

股下が長く1歩が大きいですから、迫力があり、当然ながら威圧感があります。

身長187㎝に対して体重も68㎏ありますので、体格としても大きい部類ですね!

重心がしっかりしているので、ちょっとやそっとの風にも揺らぐことなく、体幹の強さを活かした走りが特徴です。

昨年の箱根駅伝では東京国際大学は総合5位!と過去最高の成績でした。これも間違いなくヴィンセント選手の区間新記録が大きく影響しています。

ヴィンセント選手の活躍が楽しみです!!

ヴィンセント選手の出身高校は?

https://akasann.biz/vinsento-toukyoukokusai/より引用

ヴィンセント選手は、チェビルベルク高校出身です。

チェビルベルク高校はケニアにある、新興の高校のようです。

東京国際大学との間に、パイプがあったのでしょう。

東京国際大学は海外高校や大学との交流が盛んな大学ですので、そういった強みがあると思います。

これまでは、箱根駅伝で活躍するケニア人ランナーに関しては、ガル高(ケニア・キリニャガの高校)出身者が多かったですね。

例えば、2008年日大の2区を走ったキタウ・ダニエル選手はこのガル高校出身でした!

19位で襷を受け、なんと!15人をごぼう抜き!4位で襷を渡しました(笑)

翌年の3年次には、なんと15人を上回る20人のごぼう抜きを達成しました!

20人ってほぼ全員ですよね(笑)

覚えている方も多いのではないでしょうか!!

ヴィンセント選手もキタウ・ダニエル選手のように今度は20人抜きとは言わなくても(笑)区間新記録の更新を期待したいですね!!

ヴィンセント(東京国際大学)は日本語は話せるのか?

https://www.nikkansports.com/sports/athletics/photonews/photonews_nsInc_201910260000723-1.htmlより引用

外国人留学生というと気になるのはこの話題ですね。

ヴィンセント選手は日本語は話せるのか?

結論は、「ありがとう、こんにちは、おはようございます」などのあいさつ、更には簡単な日本語であれば話せるそうです。

難しい日本語は、チームメイトのルカ・ムセンビ選手(仙台育英高出身)が通訳してくれるようです!!

ヴィンセント選手は日本に来たのが大学1年生の4月ですから、もう少しでほぼ2年になりますね。

ちなみに、お寿司をはじめ日本食が大好物なようです。

徐々に日本食についても覚え、内容を話すことができるようになったそうで何よりですね(笑)

ヴィンセント(東京国際大学)のまとめ

まとめると、

・ヴィンセント選手のwikiプロフィール、身長体重は187cm・68kg

・ヴィンセント選手の出身高校はケニアのチェビルベルク高校

・ヴィンセント選手は日本語を徐々に上達させている

2020年の全日本大学駅伝にて東京国際大学はまずまずの成績を残しました。

昨年の箱根駅伝では過去最高の5位!シード権を獲得した東京国際大学!

2021年1月2日~3日に行われる箱根駅伝ではどんなレースを見せてくれるのか?

ヴィンセント選手は何区を走るのか?

楽しみですね。

留学生の走りが早いとレースが盛り上がります!!

ヴィンセント選手!ガンバレ!!

~あわせて読みたい箱根駅伝、大学駅伝

今回紹介するのは、2020年の東京国際大学駅伝部メンバーです。 東京国際大学は2020年の箱根駅伝にて総合5位と過去最高順位を達成し、...
今回紹介するのは、2021年の駒澤大学陸上部駅伝メンバーです。 駒沢大学は箱根駅伝の常連校で、55年連続55回目の箱根路を駆け抜けます...
今回紹介するのは、駒澤大学の田澤廉選手です。 田澤廉選手は2年生ながら全日本大学駅伝では、最終区の8区を走り、優勝のゴールテープを切り...
今回紹介するのは、順天堂大学陸上部駅伝メンバー2020です。 箱根駅伝予選大会をトップ通過し、箱根駅伝本選出場を決めた順天堂大学! ...
今回紹介するのは、順天堂大学の三浦龍司選手(順天堂大学)です。 三浦龍司選手は1年生ながら箱根駅伝予選会では、日本人トップ且つの1時間...
今回紹介するのは、2020年の東海大学陸上部駅伝メンバーです。 東海大学は箱根駅伝の常連校で、昨年の箱根駅伝では惜しくも2位でした。 ...
今回紹介するのは、2020年の創価大学駅伝部メンバーです。 創価大学は2020年の箱根駅伝にて総合9位と過去最高順位を達成し、初のシー...
今回紹介するのは、2020年の早稲田大学競走部駅伝メンバーです。 新入生や監督についても気になりますね! 昨年は箱根駅伝総合7位...

最後までお読みいただきありがとうございました。