イニエスタの年俸推移について。移籍先に神戸を選んだ理由はなぜ?

2018年シーズン途中にヴィッセル神戸に加入し、3年目を向えたイニエスタ選手。

イニエスタ選手のこれまでの年俸推移を紹介します。

現在36歳のイニエスタ選手!移籍先にヴィッセル神戸を選んだ理由はなぜなのか?

また引退まで神戸でプレーするのでしょうか?

気になる去就についても探っていきたいと思います。

この記事は、アメリカ1Aで野球プレーしたことがある三度の飯よりも野球バカの筆者なんですが、実はサッカーも好きで詳しいんですよね(笑)

そんな私が、

・イニエスタ選手の年俸推移について知りたい方

・イニエスタ選手が移籍先にヴィッセル神戸を選んだのはなぜなのか?理由を知りたい方

・ヴィッセル神戸のチャントを聞くとどこともなくわくわくしてくる方

向けに書きました。

イニエスタの年俸推移は?

引用)https://news.yahoo.co.jp/articles/8131355907bca307664cf8b55f859fff4026fa90

早速イニエスタ選手のバルセロナ時代、神戸時代の年俸推移についてみていきたいと思います。

現在のイニエスタ選手の年俸

2018年からヴィッセル神戸と契約したイニエスタ選手の年俸は、32億5000万円(3年契約)です。

全クラブ対象で2020年度年俸ベスト10を以下に示しますが、イニエスタ選手の年俸がダントツに高いことがわかります。

1 アンドレス イニエスタ 36歳 MF ヴィッセル神戸 32億5000万円
2 トーマス フェルマーレン 34歳 DF ヴィッセル神戸 5億円
3 ジョー 33歳 FW 名古屋グランパス 4億円
4 ランゲラック 31歳 GK 名古屋グランパス 2億円
4 ドウグラス 32歳 FW ヴィッセル神戸 2億円
6 酒井 高徳 29歳 DF ヴィッセル神戸 1億4000万円
7 家長 昭博 34歳 MF 川崎フロンターレ 1億2000万円
7 中村 憲剛 39歳 MF 川崎フロンターレ 1億2000万円
9 槙野 智章 33歳 DF 浦和レッズ 1億円
9 ジョアン シミッチ 27歳 MF 名古屋グランパス 1億円
9 キム ヨングォン 30歳 DF ガンバ大阪 1億円
9 遠藤 保仁 40歳 MF ガンバ大阪 1億円
9 ガブリエル シャビエル 27歳 FW 名古屋グランパス 1億円
9 西川 周作 34歳 GK 浦和レッズ 1億円
9 杉本 健勇 27歳 FW 浦和レッズ 1億円
9 レアンドロ ダミアン 31歳 FW 川崎フロンターレ 1億円
9 昌子 源 27歳 DF ガンバ大阪 1億円
9 小林 悠 32歳 FW 川崎フロンターレ 1億円
9 清武 弘嗣 30歳 MF セレッソ大阪 1億円
9 キム ジンヒョン 33歳 GK セレッソ大阪 1億円
9 ダンクレー 28歳 DF ヴィッセル神戸 1億円
9 柏木 陽介 32歳 MF 浦和レッズ 1億円

ランキング2位の、ベルギー代表でイニエスタ選手とバルサ時代にチームメイトだったトーマス フェルマーレン選手でさえ、5億円ですからね!!

ちなみに、2019年までヴィッセル神戸に在籍した元ドイツ代表FWでワールドカップ優勝経験もあるポドルスキ―選手もイニエスタ選手の年俸には遠く及ばず6億円でした。

いかにイニエスタ選手の年俸が群を抜いているかがわかりますね!!

もちろん、Jリーグが開幕して以来の史上最高額です!!

もっというと、ヴィッセル神戸と同様に楽天が親会社である東北楽天ゴールデンイーグルスに所属する選手の年俸合計額は、2018年シーズンの契約時点で約28億円。

なんと!イニエスタひとりで球団全選手の年俸を超えてしまっているんです!!

すごいことですよね!!

イニエスタ選手のこれまでの年俸推移

続いて、早速FCバルセロナ時代からのイニエスタ選手の年俸推移を見ていきましょう。

2002年(FCバルセロナ)→5,000万円


2003年(FCバルセロナ)→1億0000万円

2004年(FCバルセロナ)→1億5000万円


2005年(FCバルセロナ)→3億0000万円

2006年(FCバルセロナ)→6億0000万円

2007年(FCバルセロナ)→6億0000万円


2008年(FCバルセロナ)→6億0000万円

2009年(FCバルセロナ)→6億0000万円

2010年(FCバルセロナ)→9億0000万円


2011年(FCバルセロナ)→9億0000万円

2012年(FCバルセロナ)→9億0000万円

2013年(FCバルセロナ)→9億0000万円

2014年(FCバルセロナ)→9億0000万円

2015年(FCバルセロナ)→9億0000万円

2016年(FCバルセロナ)→9億2000万円


2017年(FCバルセロナ)→10億4000万円

2018年(FCバルセロナ)→11億0000万円

注目して欲しいのが、バルサ最終年の2018年は11億円!そして、先述したヴィッセル神戸との契約で年俸32億5000万円(3年契約)ですから、約年俸が3倍に跳ね上がったことになります。

はたしてイニエスタ選手の年俸は妥当なのか?

そうですよね!

はたして、32億は妥当な金額なのか?気になりますよね!!

気になったのでヨーロッパビッグクラブからの移籍例が他にないかしらべてみましたよ。

チェルシーから中国スーパーリーグの上海上港に移籍したブラジル代表オスカルは、年俸33億円+移籍金約90億円でした。

あのJリーグでもプレー経験がありイタリアのゼニトから上海上港に移籍したブラジル代表フッキは、アジア史上最高額となる移籍金約62億7000万円+年俸約22億8000万円でした。

世界トップ選手の相場はこんな感じなんですね!!

ということからも、イニエスタ選手の年俸32億5000万円は決して高くはないということが言えると思います。

イニエスタ選手の移籍に関して、移籍金は、ありませんでした。イニエスタ選手はヴィッセル神戸への移籍が決まった2018年6月には既にFCバルセロナを退団していましたから。

もし、イニエスタ選手が移籍決定時にFCバルセロナに在籍していたら、恐らく移籍金100億は堅いでしょう。

スペイン代表経験も豊富で、長年FCバルセロナを代表する選手を32億で獲得できたと考えればかなりお得だといえますね!!

イニエスタは神戸を選んだのはなぜ?

引用)https://topics.smt.docomo.ne.jp/article/soccerdigestweb/sports/soccerdigestweb-77569

FCバルセロナでリオネルメッシらとバルサ黄金期を築き、スペイン代表として世界王者も経験したイニエスタは、なぜバルサを退団しヴィッセル神戸を選んだのか?理由を探っていきたいと思います。

サッカー選手として更に成長したい

理由の一つに、「異国での異なるサッカーを試すことで、自分自身更にサッカー選手として成長できる」というのがありました。

「欧州の別のチームでプレーするのは無意味だっただろう。自分を強く信頼してくれたクラブにすべてを尽くしたと分かったから去った。異なる国で異なるサッカーを試したかったんだ。サッカー選手として学び、成長し続けたかった。それに、特に子どもたちにとって大切になるであろう、家族としての経験をしている」

https://news.yahoo.co.jp/articles/8711c66281884313f706f98340ee42683c443aacより抜粋

この時すでに34歳!

Jリーガーの引退平均年齢が28歳ということを考えても、既に引退していてもおかしくないですよね!

バルサ以外のスペイン国内のクラブのほうが、環境や習慣は大して変わらないだろうに!と思うんですが、すごい成長意欲だなぁと感心します!!

ましてや、年俸推移のところで紹介したように、毎年億単位の年俸を稼いでいるのでお金に困っていたとは思えません。

日本ではセカンドキャリアでも競技に携わりたいと思う選手が多いですが、海外では、これだけ有名でガッツリ稼いだ選手は第二のキャリアで競技に関わる道を歩む選手は少ないです。

ビジネスを立ち上げたり、弁護士や医師になるために勉強したり、家族とゆったり過ごすために田舎に引っ越すなどする選手が多いです。

イニエスタ選手は、引退後はサッカーの指導者になることを目指しているそうですが、まだまだプレーする意欲は満点ですね!!

以前と異なり、イニエスタは引退後の指導者転身を考えていることを明かしてきた。だが、今はまだ、Jリーグでの戦いに集中しているようだ。イニエスタは「監督にトライするだろう。でも、まだ少しかかるだろうね」と述べた。

https://news.yahoo.co.jp/articles/8711c66281884313f706f98340ee42683c443aacより抜粋

ヴィッセル神戸フロント、監督、コーチから絶大な信頼

2つ目の理由としては、32億5000万円(3年契約)の年俸が物語っている通り、プレイヤーとして人として信頼してくれたということですね!

イニエスタさんは、「幸運なことに色々なオファーがあった。私に関心を持ってくれた他のクラブにも感謝したい。私がヴィッセル神戸に決めた理由は、提示されたプロジェクトが非常に興味深かったからだ。私に対して人としてプレイヤーとして信頼を持ってくれたことが大きかった」と言っています。

https://celeby-media.net/I0001054より抜粋

入団会見の時にあの三木谷社長との固い握手が物語っています!!

広州や上海など金満クラブへの移籍も噂されましたね!日本のサポーターの存在も大きかったようです。

「中国行きの可能性もあったけど、こちらを(神戸移籍)選択した。信頼や愛情、自分がここにいてほしいということを示してくれたからね。大切な存在になれると感じさせてくれるなら、説得されてしまうよね」

「サポーターは試合中、応援することをやめない。それに負け続きであっても勇気づけてくれるんだよ」

https://www.goal.com/jp/より抜粋

フロントや監督・コーチから信頼された環境でプレーできれば、のびのびプレーできるので結果を残せること間違いないですね!

2020年度、イニエスタ選手はヴィッセル神戸の主将に任命されています。

イニエスタ選手の前はルーカス・ポドルスキー選手が主将を務めていましたが、助っ人外国人選手が主将に任命されることは異例のことには変わりありませんから。

大の日本好き

3つ目の理由としては、日本が好きということですね!

イニエスタさんによると、本人はかなり物事をシステマチックに行うそうですが、日本人の仕事の仕方が、きっちりと計算され尽くしているさまを見て、感銘を受けたそうです。
また、日本のどこにいっても、日本人が見返りと求めずに困っている人がいれば自分から手を貸そうとする点にも感銘を受けたそうです。

https://celeby-media.net/I0001054より抜粋

イニエスタ選手の言葉にもあるとおり、日本人はシステマチックに物事を処理しますよね。

しっかり後々のことを計算して順序だてて物事を処理していくのが日本人は比較的得意です。

イニエスタ選手も物事をシステマチックに処理していくほうだそうですが、日本人の資質と合致すると思ったのでしょうね。

また、「日本人が見返りを求めず困っている人がいれば自分から手を貸そうとする」という言葉通り、これだけおもてなし精神がある人種は全世界中探してもなかなかいないのではないかと思います。

サッカーワールドカップのときも試合後にスタジアムのごみ拾いをする日本サポーターの姿が映し出され、世界中から賞賛の声があがりました。

世界に誇れるところだと思いますね!

ほかにも、イニエスタ選手は「和食が好き!」「日本語についても勉強中」とか、こういった日本の祭りにも出かけたりと、日本が好きなようです!!

日本語も覚えていっているようですね(笑)

イニエスタ選手は神戸で引退するのか?それともバルサに復帰?

引用)https://web.gekisaka.jp/news/detail/?301678-301678-fl

どうやらイニエスタ選手はヴィッセル神戸で引退までプレーしたいと思っているようです。

2020年1月の移籍市場において、不振にあえる古巣のFCバルセロナから復帰のオファーがありましたが、イニエスタ選手自身が断っています。

バルサは、2020年のFIFAチャンピョンズリーグのバイエルンミュンヘン戦でバルサ史上最悪と言われる8失点を喫しましたからね!!

アルゼンチンの名門エストゥディアンテスが獲得するという話があがりましたが、ヴィッセル神戸に残りました。

イニエスタの去就をめぐっては、昨年末にアルゼンチンの名門エストゥディアンテスが獲得に乗り出すと、今年2月にはバルセロナが期限付き移籍での復帰を画策したと、ともに母国の一部メディアで報じられた。バルセロナへの復帰が問われたのは、そうした経緯とも関係しているのだろう。

更には、日本でのプレーの充実ぶりが伺えます!

「サッカーとは自分の情熱であり、自分の人生そのものでもある。日本に来てから新しいサッカー、新しいチーム、新しい仲間たちとの絡みの中で成長してきた実感があるし、家族を含めて、日本で過ごす時間を心の底から楽しんでいる。今シーズンはACLを含めて自分のベストのバージョンというものをお見せしたいし、日本の皆さんにも自分のプレーを楽しんでほしい」

https://diamond.jp/articles/-/229208?page=4より抜粋

また、更にはこういった発言もあります。

「自分はいままで(バルセロナで)勝者のプロジェクトに長く関わってきた。この(ヴィッセルでの)プロジェクトも、勝つためのものだと自分はとらえている。日本という国に着いたときから、このプロジェクトにワクワクする思いを抱きながらプレーしてきた」

https://news.yahoo.co.jp/articles/73ee532533726002877fb9ab69a72e93e42822db?page=1より抜粋

確かに2020年1月1日に新国立競技場で行われた天皇杯決勝(ヴィッセル神戸VS鹿島アントラーズ)に勝利し初のクラブタイトルを獲得しましたが、これまでにリーグ戦含めてタイトルを獲得したことがなかったんですね。

2019年の昨シーズンは3度も監督が交代し、リーグ戦途中で7連敗を喫するなど、J1残留争いに巻き込まれました。

16年在籍したバルサで32のタイトルを獲得し、常勝軍団にのしあげたように、今度はヴィッセル神戸を常勝軍団に!世界で戦えるヴィッセル神戸にしたいと考えているのでしょう!!

非常に頼もしい言葉です!!

3年契約ですので、2021年まではヴィッセル神戸と契約を結んでいますが、ヴィッセル神戸がリーグ戦とACLのタイトルを獲得したらイニエスタ選手の役割は達成できたことになるのでしょう。

イニエスタのまとめ

まとめると

・イニエスタ選手の現在の年俸は、32億5000万円(3年契約)

・イニエスタ選手は、これまでと違ったサッカーを通じ自らを向上させたいという思いの元、ヴィッセル神戸に入団!

・イニエスタ選手へのクラブの信頼が厚く、イニエスタ選手は日本でのプレーや生活を楽しんでいる

常に向上心を持ち、前向きにサッカーに取り組むイニエスタ選手!日本での生活も楽しんでおり、充実した様子がうかがえます!

日本でも伝説を残し、日本を!ヴィッセル神戸を!世界に誇れるクラブにのしあげてほしいですね!!

~ヴィッセル神戸サポーター必見

今回紹介するのは、ヴィッセル神戸のチャント(応援歌)2020年です♪ ほんとリズミカルでかっこよくて、スタジアムでなくても口ずさんでし...

最後までお読みいただきありがとうございました。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする