遠藤圭吾(元横浜)の身長体重や大学は?成績や家族、彼女についても。

元横浜高校野球部出身の遠藤圭吾さんが、ボートレーサーになるための最初の登竜門、倍率20倍の高倍率もの難関を突破し、第128期選手養成員が新生活をスタートさせました。

遠藤圭吾さんは身長168cm体重58kgと小兵選手でしたが、横浜高校で2度甲子園に出場しているんです!

成績をかんたんに紹介すると、名門横浜の遊撃手として投打に活躍しました。

遠藤圭吾さんの進学先の大学、家族や彼女についても気になりますよね~。

それでは、みていきましょう。




遠藤圭吾のWiki的プロフィールは?身長体重についても。中学高校大学はどこ?

引用)https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20200408-00000065-spnannex-spo

遠藤圭吾のWiki的プロフィールを紹介します。身長体重や出身中学高校大学はどうなんでしょう!!

名前:遠藤圭吾(えんどう けいご)

生年月日:2000年4月14日生まれ

出身:神奈川県(逗子市?)

中学:横須賀市池上中学校

高校:横浜高校

大学:國學院大學

身長:168cm

体重:58kg

球歴:逗子リトル → 横浜港ボーイズ → 横浜高校

利き腕:右投左打

ポジション:内野手

代表・選抜:中学・2015年ボーイズ選手権大会(2回戦)

中学は横浜港ボーイズに所属しており、高校は神奈川の高校野球名門横浜高校に進学します。

横浜高校では2年からショートのレギュラーを獲得しています。

168cm58kgと野球選手としては小さい部類に入りますが、2018年の夏の県大会・甲子園大会では恐怖の9番打者として、投打に大活躍でした。軽快な守備が特徴的で、どんな難しい打球でもかんたんに処理するセンスを感じさせる選手でした!!




遠藤圭吾の高校時代の成績は?どんな選手だったの?

1メートル70、62キロながら名門の正遊撃手として活躍し、3年時の18年夏の南神奈川大会では9番ながら打率・556をマークし、甲子園出場に貢献した。甲子園では3回戦で金足農(秋田)に敗れたが、エースの吉田輝星(現日本ハム)から一時勝ち越しの適時打を放つなど2安打を放った。

引用)https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20200408-00000065-spnannex-spo

【恐怖の9番】横浜高校 遠藤圭吾 右に左に3安打(3安打目は松井2世冨田冬馬から芸術的な流し打ち)2018年4月29日 決勝 桐光学園戦

また、こちらの3年春の県大会の桐光学園戦では3打数3安打!!左投手からライト前、レフト前に広角にヒットを飛ばしています!!

バットコントロールが上手な、器用な選手ですね✩✩

一方守備の方ですが、すでに中学の時から出来上がっていますね~~!!

セカンドを守るのが遠藤圭吾選手なんですが、華麗にダブルプレーを決めています!!

更には、大会無失策と鉄壁の守備ですね!!

遠藤圭吾の家族や彼女は?

遠藤圭吾さんの家族に関して調べましたが、でてきませんね・・。

お父さんの影響で野球を始めたものと思われますが、今回ボートレーサーを志したのもお父さんの影響もあったのでしょうか??

分かり次第更新しますね!!

お母さんについては、このようなツイッターがありました。

料理が上手なお母さんなんですね!!これからも遠藤圭吾選手を支えていってほしいなと思います!!

ここでびっくり情報を1つ!!

2014年に横浜高校を卒業した遠藤 拓さんと、その弟の駆さん(同じく横浜高校元野球部、神奈川大学に進学)の兄弟とは従兄弟の関係です!!

従兄の遠藤駆選手は、2016年横浜高校の夏大会に内野手として出場しました!

野球を始めたのは、もしかして従兄の拓さん、駆さんの影響なのでしょうか!?!?

また、彼女についても出てきませんでした。

ただ、遠藤圭吾さん・・は、ファッションセンスが抜群で本人もファッションに興味があるそうです!!

服や帽子、カバンの画像がSNSにたくさんありましたよ♪

もしかしたら、彼女がいるのかもしれませんね・・✩✩

それと、趣味は旅行や温泉だそうで、横浜高校時代はオフの日はチームメイトと鎌倉や温泉に行っていたようで、アウトドア派のようです。

こういったところも女性ウケすると思うので、彼女と一緒にお出かけしているのかもしれません!!




遠藤圭吾(元横浜)の身長体重は?成績や家族、彼女についても。まとめ

引用)https://www.hb-nippon.com/player/14831

倍率20倍を超える超難関のボートレーサー養成所の試験を見事突破し、入寮を果たした遠藤圭吾さん!!

なんで大学野球やらないのかな・・もったいないなあ・・なんて思っていましたが、ボートレーサーを目指していたんですね!!

「プロ野球選手は諦めたが、自分の体格を生かせるプロの世界であるボートレーサーになるため、日々の訓練に励む」と意気込んだ。

引用)https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20200408-00000065-spnannex-spo

これから、横浜高校での野球生活以上に厳しい練習や訓練が待ち受けていると思いますが、是非ボートレーサーになってほしいですね!!

✩横浜高校2018年のスタメン選手のその後はこちら✩

1番サード・山崎 拳登(国学院大2年)
2番ライト・河原木 皇太(桜美林大2年)
3番セカンド・斎藤 大輝(法政大2年)
4番センター・万波 中正(北海道日本ハム)
5番ファースト・内海 貴斗(法政大1年)
6話キャッチャー・角田 康生(白鴎大2年)
7番レフト・長南 有航(かずさマジック)
8番ピッチャー・板川 佳矢(国際武道大2年)
9番ショート・遠藤 圭吾(プロボートレーサー養成員)

大学や社会人野球で活躍する選手が多い中、野球に別れを告げボートレーサーを志した遠藤圭吾選手!

なかなかこれまで打ち込んだ野球を離れる・・という選択はできないものです。

そこを打ち破り自らの人生を切り開いていく遠藤圭吾選手!!

是非応援したいと思います!!

最後まで読んでいただきありがとうございました。




✩合わせて読みたい✩

横浜高校は、次期監督としてOBの村田浩明氏の就任を発表しました。 引用) 元白山高校の監督である村田浩明氏の経歴や特徴、...
スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする