山村崇嘉(東海大相模)の出身中学は?プレーの特徴や経歴、成績。身長体重そして家族や彼女についても

2020年甲子園高校野球交流試合まで、もう少しですね!

今年も野球シーズン到来の気配ですね☆

今回紹介するのは、東海大相模の4番に座る2年生の山村崇嘉!

山村崇嘉選手の出身中学、どんな選手なのかプレーの特徴含めこれまでの経歴や成績について紹介していきます。

ちなみに東海大相模高校は秋の関東大会でベスト4まで勝ち上がりましたし、実力はすでに折り紙付きです。交流試合での大阪桐蔭高校戦も楽しみです!

更には、山村選手の身長体重含めたプロフィール、家族構成、そして彼女はいるのか!?についてもせまっていきましょう~。




山村崇嘉(東海大相模)の出身中学は出身シニアについても?

山村崇嘉選手は、東海大相模中学校出身です。

そうですね。中学受験をし、晴れて東海大相模中学へ入学しました。

ただし、中学の野球部には入らず、武蔵府中シニアに在籍していました。

附属だからと言って中学の野球部には入らないんですね・・。

高校が強豪だから中学も強豪・・というわけではないんですね。

中学校の野球は軟式ですし、高校で硬式をやるのであれば早いうちから硬球になれておいた方がよいという考えでしょう。

武蔵府中シニアでは2年生からレギュラーとして活躍しています。

全国大会でも活躍し、MCYSA全米選手権大会・U-15アジアチャレンジマッチの日本代表に選出され、投手・内野手としてプレーしていました。

中学時代の恩師である武蔵府中シニアの小泉隆幸監督は、「随分やんちゃなところがありましたが、私にしてみれば本当にかわいい子でした。教えがいのある子でしたね。よく怒りもしましたが、こちらが愛情をもって接すれば愛情で答えてくれる。そんな良い子でした。」と、その真っ直ぐで実直な性格がその実力を支えているようですね☆

山村崇嘉(東海大相模)のプレーの特徴は?経歴や成績についても

小学校のときは、武蔵府中リトルに所属していました。主に投手としてプレーし、球速110キロを記録するなど、小学生ながら都内でも有名な存在でした。

武蔵府中シニアに所属していた、中学時代の成績を紹介します。

エースで4番で活躍していました。

  • 2015年(中学1年時):リトルシニア日本選手権大会 ベスト8
  • 2016年(中学2年時):リトルシニア日本選手権大会 1回戦
  • 2017年(中学3年時):リトルシニア全国選抜野球大会 3回戦
  • 2017年(中学3年時):リトルシニア日本選手権大会 ベスト8
  • 2017年(中学3年時):ジャイアンツカップ 2回戦

このときから、投手と内野手の2足のわらじとして活躍しています。

バッテイングにおいては、持ち前のバッテイングセンスを元に、器用にミートする打撃を心がけていました。

ちなみに武蔵府中シニアは、数多くのプロ野球選手を輩出しており、最近では楽天の茂木栄五郎選手(桐蔭学園高校→早稲田大学→東北楽天ゴールデンイーグルス)がいますね!

高校は、神奈川県の強豪東海大相模高校に進学し、持ち前のバッテイングを買われ1年夏からベンチ入り。3回戦で7番ファーストで高校デビュー。主に1塁を守り1年秋に16本塁打を放ち、2年夏の時点で通算37本塁打を記録しています。

また、1年生のときからリリーフとしても活躍し、投打の二刀流です!!

バッテイングにおいては、門馬監督の指導の元、初球からコンパクトに強い打球を!ということで初球からフルスイングを心がけています。

こちらは山村選手が2年生夏の神奈川県大会決勝の日大藤沢戦にて!ライトスタンド一直線の本塁打です!あわや場外!!

【あわや場外HR】東海大相模 4番 山村崇嘉(2年)ハマスタ右中間最上段へホームラン 2019/7/25 相洋戦 規格外のパワー

ボールに角度をつけて飛ばすのが上手く、天性の素質を持ったホームランアーチストですね。

オリックスの吉田正隆選手や西武ライオンズの森友哉選手のようなイメージですね!!

投手としても最速147キロのストレートを投げ、スライダーやチェンジアップなど変化球のキレにも定評があり、投打の二刀流として活躍しています。

投手としての動画です!招待試合の高知ー東海大相模戦です。同じ二刀流の高知の森木選手を三振に打ち取りました!

プロ注目2刀流対決!森木大智VS山村崇嘉!打投で激突!

ちなみに、東海大相模は毎年強打を誇るチームという印象がありますね。

山村選手のほか、レフトを守る西川選手も強打を誇る右打者です。

以前だと、現日ハムの大田泰示選手、田中大二郎選手、もっと前だと現巨人軍監督の原辰徳さん・・たくさんいます。

私が高校野球をやっていたときから東海大相模の打撃の強さは有名でした。

友人が東海大相模の野球部に所属しておりましたが、冬場は1日1000スイング!多いときだと1日2000スイング!それもスイングスピードを計測する機械があり、130キロ以下であればカウントされないようです。

半端ないですね!これには私の友人も、ものすごくキツイ!!と言っていたのを思い出します。




山村崇嘉(東海大相模)の身長体重は?

山村崇嘉選手のプロフィールを紹介します。

名前:山村崇嘉(やまむらたかよし)

生年月日:2002年9月28日

身長体重:180㎝85kg

出身地:東京都

投打:右投げ左打ち

ポジション:一塁手、投手

旧暦:武蔵府中リトルー武蔵府中シニアー東海大相模高校

スイングスピード:154キロ(プロ平均140キロ~150キロ、イチロー158キロ)

1塁到達タイム:4.63秒

180㎝で85kgと比較的ガッチリした体格をしています。

スイングスピードも素晴らしいですね!!プロ野球選手並(それ以上)です!!

上半身は勿論、下半身が強いですね!!

下半身を軸として、上半身を乗せてホームランを量産していますね!!

山村崇嘉(東海大相模)の家族は?彼女についても

ピラミッドダービーと言う番組にてGG佐藤選手と対戦した際に

祖父と祖母が観戦に来られていたみたいですね~~

その時の動画がこちらです。

それにしても、非常に上品なおじいさんとおばあさんですね!

以上が、山村崇嘉選手の家族に関して分かっている情報で…

母親など両親に関する情報は不明でした・・・

一方彼女についてはどうでしょう・・。

こちらも情報はないですね。

強豪校ですから、練習で忙しいのでしょうか・・。

それとも今は彼女より野球なのでしょうか・・。

プライベートが充実すると学業や野球にもいい影響出ると思いますので、プライベートも充実するといいですね☆




山村崇嘉(東海大相模)の出身中学は?プレーの特徴や経歴、成績。身長体重そして家族や彼女についても まとめ

東海大相模の山村崇嘉選手について、紹介してきました。

OBの大田泰示選手の通算本塁打記録を塗り替えるのでしょうか!!

もう時間の問題かもしれませんね☆

同じチームメイトの西川僚祐選手がライバルでしょうね!!

左の山村崇嘉選手、右の西川僚祐選手!!

西川僚祐選手の記事はこちら。

引用) 令和初春選抜に続き、夏の甲子園も中止になってしまいましたね。 西川僚祐選手のパワフルなバッティングを見ることがで...

二人のアベックホームランもみれるかもしれません!!

山村崇嘉選手の甲子園での大きな放物線を描いたホームランが飛び交うことを期待したいですね。

そして、高校卒業後はドラフト指名されるのでしょうか。間違いなくドラフト候補になるでしょう。

最後まで読んで頂き、ありがとうございました。