【筒香嘉智の年俸推移】ホームラン数と成績年度別まとめ!

筒香嘉智選手(レイズ)がメジャーデビュー戦で、3打席目に初ホームランを打ちました!!

日本球界屈指の長打力を誇ってきた筒香筒香嘉智選手の年俸推移これまでの成績について、みていきたいと思います。

早速メジャーで長打力を認められていますが、シーズンホームラン数を予想したいと思います。

この記事は、

・筒香嘉智の年俸推移が知りたい方

・筒香嘉智のこれまでの成績について知りたい方

・筒香嘉智の今シーズンのホームラン数予想に興味がある方

向けに書いています。




筒香嘉智の年俸は?

引用)https://hochi.news/articles/20200727-OHT1T50041.html

早速レイズに移籍した筒香嘉智選手の年俸をみていきたいと思います。

まず、2019年12月13日に筒香嘉智選手がレイズと2年総額1200万ドル(日本円で13億1100万円)で契約合意したと伝えられています。

DeNAからポスティングシステムを利用してメジャー移籍を目指していた筒香嘉智外野手がレイズとの契約に合意した。13日(日本時間14日)に米メディアが一斉に報じた。契約は2年総額1200万ドル(13億1100万円)で、DeNAには譲渡金として240万ドル(約2億6200万円)が支払われる見込みだ。

https://full-count.jp/2019/12/14/post634476/より抜粋

さらには、1年目が500万ドル(約5億4600万円)、2年目が700万ドル(7億6500万円)と伝えられています。

記事では、筒香の契約が1年目は年俸500万ドル(5億4600万円)、2年目が700万ドル(7億6500万円)であることにも言及。

https://full-count.jp/2019/12/14/post634476/より抜粋

ここで、他日本人選手の年俸をみてみましょう。

<日本人メジャーリーガー年俸ランキング>

1位 田中将大(投手/ヤンキース) 2300万ドル

2位 ダルビッシュ有(投手/カブス) 2200万ドル

3位 菊池雄星(投手/マリナーズ) 1400万ドル

4位 秋山翔吾(外野手/レッズ) 600万ドル

5位 筒香嘉智(内野手/レイズ) 500万ドル

6位 山口俊(投手/ブルージェイズ) 317.5万ドル

7位 前田健太(投手/ツインズ) 300万ドル

8位 平野佳寿(投手/マリナーズ) 160万ドル

9位 大谷翔平(二刀流/エンジェルス) 70万ドル

https://news.yahoo.co.jp/articles/3708921179890f90ce4184e7a38c883733e62cf9より抜粋

筒香嘉智選手は堂々の5位にランクインしています!

ちなみに2019年度のメジャー平均年俸は405万1490ドル(約4億4300万円)ですので、1年目にして平均年俸を超えているということでかなりの期待がうかがえるのではないかと思います。

さらには、こんな情報もみつけました!なんとチーム内野手で2番目に高額年俸のようです!!

現在、レイズに在籍している選手のうち、来シーズンの年俸が500万ドルを超えるのは、チャーリー・モートン(1500万ドル)、ケビン・キアマイアー(1000万ドル)、ブレイク・スネル(700万ドル)の3人だけだ。モートンとスネルの2人は先発投手なので、筒香はキアマイアーに次ぎ、マイク・ズニーノ(450万ドル)を上回る。野手では、チーム2番目の高年俸となる。

https://news.yahoo.co.jp/byline/unenatsuki/20191214-00154942/より抜粋

尚更、筒香選手における期待の高さがわかりますよね!!




筒香嘉智の年俸推移は?

ここで、筒香選手の横浜DeNAベイスターズ時代からの年俸推移をみていきたいと思います。

年度 年俸 差額 所属球団 背番号
2019年(28歳) 4億円 +5000万円 横浜DeNAベイスターズ 25
2018年(27歳) 3億5000万円 +5000万円 横浜DeNAベイスターズ 25
2017年(26歳) 3億円 +2億円 横浜DeNAベイスターズ 25
2016年(25歳) 1億円 +5400万円 横浜DeNAベイスターズ 25
2015年(24歳) 4600万円 +3000万円 横浜DeNAベイスターズ 25
2014年(23歳) 1600万円 -350万円 横浜DeNAベイスターズ 25
2013年(22歳) 1950万円 +650万円 横浜DeNAベイスターズ 25
2012年(21歳) 1300万円 +400万円 横浜DeNAベイスターズ 25
2011年(20歳) 900万円 +100万円 横浜ベイスターズ 8
2010年(19歳) 800万円 横浜ベイスターズ 55
2009年(18歳) 契約金9000万円 横浜ベイスターズ

https://xn--jvqx66a.jp/data/tsutsugou-yositomo/より抜粋

2009年に横浜高校からドラフト1位で横浜ベイスターズに契約金9000万円で入団します。

年々活躍の幅を広げることで、年俸を上げていき、2016年には1億円プレーヤーになりました。

地元横浜高校から入団したことで、かなり私も期待していましたが最初の2~3年は苦労している感が見受けられたので、このまま未完のまま終わってしまうのか・・なんて思った時期もありましたが見事に頭角を現しましたと思います!!

実際に高校時代にホームランバッターだった選手は、プロに入って投手の投げる急速や球筋の違いから打てないことにショックを感じてしまい、プロの道をあきらめてしまう選手も多いのですよね。

筒香選手は、常に自分と向き合って、それを克服していったんだと思います。

さらには同じ横浜高校出身で横浜ベイスターズで強打の外野手として活躍した鈴木尚典(元横浜DeNAベイスターズコーチ、現神奈川フューチャードリームス監督)さんの指導の影響も大きかったのでしょう!!

筒香嘉智の成績年度別まとめ

ここで、筒香選手の成績推移も合わせてみていきたいと思います。

まずは、打撃成績です。

年度 打率 試合 打数 安打 二塁打 三塁打 本塁打 打点 盗塁 三振 OPS
2018 .295 139 495 146 33 1 38 89 0 107 .989
2017 .284 139 503 143 31 0 28 94 1 115 .909
2016 .322 133 469 151 28 4 44 110 0 105 1.110
2015 .317 138 496 157 28 1 24 93 0 98 .922
2014 .300 111 410 123 24 2 22 77 2 100 .902
2013 .216 23 51 11 1 0 1 3 0 13 .580
2012 .218 108 386 84 16 3 10 45 1 102 .661
2011 .241 40 145 35 10 0 8 22 1 51 .782
2010 .143 3 7 1 0 0 1 1 0 1 .971
合計 .287 837 2962 851 171 11 176 534 5 692 .912

https://xn--jvqx66a.jp/data/tsutsugou-yositomo/より抜粋

2011年くらいから着実に出場機会を得て、2014年からはコンスタントに100試合以上に出場しています。

そして、ホームラン数も20本以上記録していますね!

ホームランバッターの本領発揮でしょう。

そして、筒香選手の年俸が1億に到達した2016年ですが、ホームラン44本及び打点110をたたき出し、ホームラン王と打点王の2冠に輝いています!!

つづいて、守備成績を見ていきたいと思います。

2014年までは内野でも外野でも失策が目立ちますが、2015年以降は守備率.990近くの高水準を維持していますね!!

守備で注目したいのが、2015年に捕殺10(リーグ最多)を記録していることです。

肩が強いんですね!!捕殺が外野手のプレーの見せ所の一つですので、メジャーでも強肩をどんどん披露してもらいたいですね!!



一塁 三塁 外野







2010 横浜
DeNA
3 21 4 0 3 1.000
2011 40 336 12 4 28 .989
2012 19 94 7 0 9 1.000 92 45 148 6 8 .970 12 15 0 1 0 .938
2013 4 6 0 1 1 .857 9 4 11 0 2 1.000 7 7 0 0 0 1.000
2014 11 80 4 1 8 .988 7 1 7 0 0 1.000 101 162 3 6 0 .965
2015 128 185 10 0 2 1.000
2016 128 198 3 2 0 .990
2017 136 199 6 1 2 .995
2018 132 187 5 3 0 .985
2019 27 14 37 1 2 .981 101 145 4 1 0 .993
NPB 77 537 27 6 49 .989 135 64 203 7 12 .974 745 1098 31 14 4 .988




筒香嘉智のホームラン数を大予想

早速デビュー戦でホームランを放った筒香選手ですが、今シーズンのホームラン数を予想したいと思います。

予想ですが、二桁ホームランは記録できる!!と思います。

その根拠を示していきますね!

予想するうえで重要な情報が、スタメンで出場できるか・・という点です。

スタメンで出場できなければ打席数が減るので必然的にホームラン数も減ることになりますよね。

筒香選手は3番サードで出場しました。

同じサードを守るキューバ出身(ドミニカへ亡命)のヤンディ ディアス選手がライバルになるものと思われますが、ここでヤンディ ディアス選手の打撃成績を紹介します。















O
P
S
2017 CLE 49 179 156 25 41 8 1 0 51 13 2 0 0 1 21 0 1 35 5 .263 .352 .327 .679
2018 39 120 109 15 34 5 2 1 46 15 0 0 0 0 11 1 0 19 6 .312 .375 .422 .797
2019 TB 79 347 307 53 82 20 1 14 146 38 2 2 0 4 35 1 1 61 9 .267 .340 .476 .815
MLB:3年 167 646 572 93 157 33 4 15 243 66 4 2 0 5 67 2 2 115 20 .274 .350 .425 .775

2017年よりメジャー昇格し、昨年よりコンスタントに出場するようになった選手ですね。

まだそこまでの実績は上げていませんね。打率やホームランをみても平均的な選手のようです。

この成績を見る限り、筒香選手にもチャンスはあると思います。

まず、左打者であるという点です。ヤンディ ディアス選手は右投げ右打ちですので、違いを見せつけることができます!!

そして、筒香選手がホームランを打つ1つ前の打席で、、、実はデットボールを受けています

デットボールを受けるということは、好打者強打者の象徴です。

インコースに厳しい球を投げてきている証拠ですから、すでに日本での実績は認められている証拠ですね!

そういうこともあってか、開幕3戦目はスタメンを外れて途中出場でしたが、2戦目は4番で起用されました!!

前に記しましたが、野手2番目に高額年俸ですから、期待度の高さがうかがえます。

あのヤンキースで4番を務めたホームラン打者のゴジラ=松井秀喜選手ですら、4番に座ったのはヤンキース所属3年目からでしたので、そのペースを上回っています!!

ということを考えると、1年目はメジャーの水になれるということも監督は考慮していると思いますので、スタメンだったり途中出場だったり・・というスタンスになるのではないかと予想します。

そういうことから、2桁ホームランを記録すると予測します。

筒香選手すごすぎるホームランの記事をさらに読みたい方はこちらをご覧ください。

レイズの筒香嘉智内野手(28)が24日(日本時間25日)、本拠地セントピーターズバーグでのブルージェイズとの開幕戦に「3番・三塁」で先発出場...




筒香嘉智のまとめ

筒香嘉智選手がレイズに加入し、すでにホームラン、4番での出場、打点を記録しておりチームに貢献しています。これからの活躍が楽しみですね。

整理すると、

・年俸は、500万ドル(約5億4600万円)でチーム2番目の高年俸

・成績は、2015年よりコンスタントにホームラン20本以上を記録、守備では2016年に捕殺最多記録を打ち立て、強肩を披露

・2020年のホームラン数は二けたホームランを記録すると予測

~あわせて読みたい日本人メジャーリーガ~

アメリカメジャーリーグが開幕し、今シーズンよりメジャー挑戦している秋山翔吾選手(レッズ)のシーズンが始まっています。 そこで、秋山翔吾...
アメリカメジャーリーグが開幕し、今シーズンよりメジャー挑戦している山口俊投手(ブルージェイズ)のシーズンが始まっています。 そこで、山...

最後まで読んでいただき、ありがとうございました。




スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする