木更津総合高校野球部寮やグランド紹介!【2022春選抜甲子園】

今回紹介するのは木更津総合高校野球部の寮や練習グランド!

2022年春選抜甲子園出場の木更津総合高校。

部員の生活は?更には練習環境は?

気になりますよね!!!

この記事は、

・木更津総合高校野球部寮について知りたい方

・木更津総合高校野球部グランドについて気になる方

向けに書いています。

木更津総合高校野球部寮紹介

木更津総合高校野球部には寮がありますが、場所は定かではないですね。

なんと校長先生自宅の隣(笑)

校長先生が大の野球好きなのでしょうか(笑)

元女子寮を改装リフォームして野球部寮として使用しているようです。

ちなみに学校は、木更津市東太田3丁目4-1にあることから、恐らく木更津市内、学校からも5キロ圏内だと想像します。

木更津総合高校野球部の寮には部員の半数ほど、約50名ほどが生活しており、部屋は相部屋だそうです。2段ベットが2つ・・。最大4人部屋ですね!!

その気になる部屋割は「くじ引き」で決めるそう。

よって1年生と3年生が同部屋・・ということもあります(笑)

当然、食事、風呂付きで生活するには申し分ない環境です。

上下関係は・・というと・・。

下級生が上級生にタメ口で話すことが許されているそう(笑)

とはいえ、最低限の礼儀はありますが・・。

風通しの良い雰囲気なのでしょう。

更に寮生は朝食後にトレーニング時間が有り、トレーニング後に学校へ通学するそう。

朝食と授業前の貴重な時間をトレーニングに費やせるのは寮生の強みですね。

木更津総合高校野球部グランド紹介

木更津総合高校野球部グランドは、木更津市矢那3673−5にあります。

こちらは学校から4キロくらい離れていますね。

選手たちは授業が終わったら学校から自転車でグランドに集まるそうです。

4キロなので自転車で20分弱でしょうか。

練習前のちょうどよいアップ・・。足腰トレーニングになりそうです(笑)

周辺環境は・・というと、周辺は森に囲まれています。

木更津市内中心地より離れており遊ぶ場所がない!?ので、より野球に集中できる環境です。

(当然野球やるために木更津総合に来ているので、遊ぶことは考えないでしょうが笑)

学校HPによるとグランドの広さはレフト90m、センター110m、ライト85mとのこと。

人工芝ではなく、黒土のグラウンドです。

甲子園球場と比較すると、甲子園はレフト・ライト95m、センター118mですので、甲子園よりは狭いですね。

狭いとはいえ、地方球場レベル(に多少及ばないかもしれないが)のグランドがあることは非常に強みです!

市営のグランドを借りるとなると、まず抽選・・。更には利用料が掛かります。

その点学校の施設であればそういった手間は省けますよね!!

その木更津総合高校野球部グランドですが、年間50試合くらいのオープン戦が行われているようです。

毎日の練習更には試合で汗を流したグランド!!

3年間の色々なものが詰まっているグランド!!

非常に感慨深いものになりますよね。

木更津総合高校野球部寮やグランド紹介まとめ

2022年春選抜甲子園出場の木更津総合高校野球部の寮やグランドについて紹介しました。

なんと校長先生宅のとなりにある野球部寮!!

学校から4キロくらい離れたところにあるグランド!!

部員は毎日学校から自転車でグランドに向かいます。

千葉県の強豪校である木更津総合高校!!

2022年春選抜甲子園ではどんな野球を見せてくれるのか、普段の寮生活やグランドでの練習成果を大いに発揮してもらいたいですよね!

☆合わせて読みたい!寮やグラウンド関係

今回は大阪桐蔭高校野球部寮や練習グラウンドについて紹介します!! 2021年秋季近畿大会優勝!!明治神宮大会優勝!! そんな大阪...
今回紹介するのは2021年秋季近畿大会ベスト4、2022年甲子園出場の天理高校野球部! 野球部寮はあるのか?費用は? グラウンド...
今回紹介するのは2022年春選抜甲子園出場を決めた東京・二松学舎大付属高校! 東京の高校野球を牽引してきた二松学舎! そんな二松...

それでは今度は甲子園でお会いしましょう。

最後まで読んでいただきありがとうございました。